カテゴリー:Culture

  • スプーン トラウト

    両軸への想い

    「パパ、お魚さんとお友達になったよ。」 初夏の別府 暖かくなるとお弁当を持って、近場の沢で子供たちと釣りを愉しむ。 毎年竹竿で釣りをするその所作に子供たちの成長を感じる。 …
  • 御池 ニジマス スプーン トラウト

    釣りとアート

    最近、NHKを見ていたら興味深い番組があった。 自分は全く知らなかったのだが、世界的に著名なアメリカの進化生物学者、ジャレド・ダイアモンド博士という人がアートとは何か、ということを若い大学生に語って…
  • 御池 アンサースプーン ニジマス

    Dream Come True(東洋式疑似餌釣研究所)

    「生粋の」とは正真正銘の、とか、混じり気のない、という意味だ。 そう言った意味で彼こそは正真正銘の、混じり気のない釣り師だろう。まだ40代半ばなので、一生を、とは言わないがその半生の多くのエネルギーを釣りに…
  • 渓流 スプーン ミノー 山女魚

    東洋式疑似餌釣研究所(2008~2010傑作選)

    どこでその話をしたのだか、記憶は既に曖昧かつ朧気になっている。 それも当然だろうと思うほど、釣りに行く以外にもメッセージや電話など有象無象のけじめもなく語り合った。 東洋式疑似餌釣研究所<http://45514…
  • パラゴン アングロ

    Killing Me Softly

    ”Killing Me Softly with His Song” このタイトルに「やさしく歌って」という邦題を付けたのはつくづく大したセンスだと思う。 自分くらいの世代の方であれば、昔流…
  • アングロアンドカンパニー HOBO

    Straight No Chaser

    「飲み屋になっちまったなぁ。」 少し困ったように、その奥でにやりと、紳士と男の子がほどけて混ざり合う顔があった。 仕事は乱暴に投げ捨て、足早に電車に乗り込む。五反田での待ち合わせが目黒に変わったのは電車内のこと、…
  • 大河

    凡庸に狂気(大物釣り師 幻の巨大イトウに挑んだ男:読書)

    SNS上でいくつか言葉を交わした後、この著書を紹介していただいた。 "大物釣り師 幻の巨大イトウに挑んだ男" あくまでフィクションである、と断られたが。著者自信を骨として、見聞きした逸話(実話)を…
  • ヤマメ スプーン HOBO

    フックにまつわるエトセトラ

    渓流シーズンが終わってしまった。 毎週末の早起きと深夜早朝のドライブも来年3月まではおあずけだ。 湖のレインボーももう少し水温が下がらないと気分がのらないし、何より高水温で釣ってしまうとリリースが難…
  • イワナ ゴギ スプーン 九州

    三匹のイワナ(原種を求めてvol.3)

    焼酎「100年の孤独」。ワイン「vina maipo」。バーボン「ワイルドターキー」。それにビール。少し高い酒から手頃なのまで種々雑多。 2人で飲むには少々多かったのかもしれない。 9月29日~3…
  • ヤマメ 原種 スプーン

    Run for Cover(原種を求めてvol.2)

    大学生になり、初めて親元を離れて関東で暮らすことになった。 元々、早く一人暮らしをしたかった自分にとって、このことは羽根が生えたような昂揚で、限りない自由を手に入れたのと同じだった。 そして、入部した…

ピックアップ記事

  1. 今週末野反湖行かない? どこにでもある誘い話。 ブルーバックレインボーという珍し…
  2. 最近、長年意識し続けてきたアングラーと一緒に釣りに行った。 もう随分昔、このサイトが始…
  3. とある酒の席、サシで釣りの先輩と飲み語らいの中言われた。 「ホントに釣りが好きなの?そ…
  4. 今にも地上に落ちてきそうな灰色の雲の下、ひたすらに続く林道をガタゴトガタゴトと進む。 それがど…
  5. ”ゴオゥ・・・ゴオゥ・・・” 不規則に、でも何かの意図があるかのように稜線に吹き上がってくる素…
  6. 「おい。今度サトーセージ氏が宮崎来るんだけど、一緒に呑み行くか?」 そう声を掛けられたのは2月…
  7. ヤマメ 原種 調査
    https://www.youtube.com/watch?v=yxnsl4E8ea4 ”Je…
  8. ジョー ヘンダーソン
    https://www.youtube.com/watch?v=xwRbcb4ADjY もうずいぶ…
  9. トラウトタックル
    強い思い出というものは、心の中で熟成されるまでは言葉に表さない方がよい。 何回も何回も…
  10. 椎葉ダム ヤマメ テッペンスプーン
    「おめでとう!よくやったね!!」 満面の笑みでそう声をかけられ、僕は松本さんと固く握手を交わした。…
ページ上部へ戻る