カテゴリー:Culture

  • アートフィッシング カタログ スプーン

    Headwaters

    年の瀬のある日、友人たちとの楽しい語らいの間、実はずっと1人で考え込んでいた。 昨年、ダーデブルのみで釣る、というイベントをやって、それなら今年は和製ルアーの源流でもある「バイト」シリーズ、「マスタ…
  • サトウオリジナル アンサー スプーン ブラックバス

    愛煙讃歌

    唐突だけど、自分は愛煙家だ。学生時代から吸い始めて、ン十年。煙草を吸わなかった日は全くなかったと言っていい。 どうせ毎日のことなら、色々こだわってみたい。 そう思ったのはつい最近のことだった。 去年…
  • アングロ ワレット パラゴン

    High in the Alps

    10月のとある土曜日、レインボーを求めていつもの湖に行くことにした。 まだ水温が高いことは分かっていたのだが、去年のこの頃、1日に40オーバーを立て続けに4匹釣ったこともあったし、何より、ざわざわ、…
  • 鱒の森 スプーンマニア

    スプーンマニア(鱒の森No.36)

    「とことん沈もう、鉄片の深淵に。」 知っての通り、このサイトはスプーンフィッシングをメインにしているわけで、昨今のシンキングミノー全盛に対するごくごく個人的な幼い反骨心と美しい渓魚に…
  • マイケル・ブレッカー

    PILGRIMAGE

    若い頃から音楽が大好きだった。小さい頃からジャズやフュージョンばっかり聴いてて、中学校から高校の間は毎年、真夏の、野外の、しかもオールナイトのジャズイベントを最前列で見るために炎天下の中、少ない小遣いを手…
  • RIVER-WALK First Issue 背表紙

    RIVER-WALK First Issue

    代弁してくれるというのは、言い表せなかったその「なにか」の真ん中を貫いた心地よさと渇望した共感とが混ざり合い、強く優しい安堵にひたひたにされる時間だと思う。だからこその危険もあるが。 誰…
  • ダーデブル 紅白

    100年物語(2/2)

    「月日は百代の過客にして、行かふ年もまた旅人なり。」 (月日というのは、永遠に旅を続ける旅人のようなものであり、来ては去り、去っては来る年もまた同じように旅人である。) 芭蕉が言うとこ…
  • 御池 アングラー

    100年物語(1/2)

    ”Tempting fish for over 100years(100年以上魚たちを誘惑し続けている)" 最近のダーデブルステッカーに刻まれているフレーズ。 調べ…
  • スプーン あわび

    Let the tail swingi’n!

    知り合いに釣り全般にとても造詣が深い魚屋さんがいる。 ちょうど10年前に彼の船でジギングに連れて行ってもらったことがある。 その時、2人でカンパチを80匹くらい釣った。後にも先にも匹…
  • ダーデブル スプーン

    TailSwing SpoonSummit vol.1 “Only Dardevle”

    テイルスイング スプーンサミット vol.1 “オンリーダーデブル” イベントの質問ページをアップしています、以下よりご確認ください。 SpoonSummit vol.…

ピックアップ記事

  1. ”ゴオゥ・・・ゴオゥ・・・” 不規則に、でも何かの意図があるかのように稜線に吹き上がってくる素…
  2. 「おい。今度サトーセージ氏が宮崎来るんだけど、一緒に呑み行くか?」 そう声を掛けられたのは2月…
  3. ヤマメ 原種 調査
    https://www.youtube.com/watch?v=yxnsl4E8ea4 ”Je…
  4. ジョー ヘンダーソン
    https://www.youtube.com/watch?v=xwRbcb4ADjY もうずいぶ…
  5. トラウトタックル
    強い思い出というものは、心の中で熟成されるまでは言葉に表さない方がよい。 何回も何回も…
  6. 椎葉ダム ヤマメ テッペンスプーン
    「おめでとう!よくやったね!!」 満面の笑みでそう声をかけられ、僕は松本さんと固く握手を交わした。…
  7. ニジマス ベイトタックル ルアー
    詳しくはないが 釣りもキャンプもオールドの世界観が好きで、現代の機種と性能こそ劣るけれど、構…
  8. 御池 ニジマス スプーン トラウト
    最近、NHKを見ていたら興味深い番組があった。 自分は全く知らなかったのだが、…
  9. KAID ヒップバック
    毎年、正月を過ぎるとしばらくの間、仕事が多忙になってあまり釣りに行けなく…
  10. 御池 ニジマス スプーン
    あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 ちょっと長いで…
ページ上部へ戻る