カテゴリー:Others

  • 瀬戸際の渓魚たち

    「おい。今度サトーセージ氏が宮崎来るんだけど、一緒に呑み行くか?」 そう声を掛けられたのは2月のイベントの時だった。 釣りなんかマトモにしないのに、過去3回、自分たちのイベントに皆勤賞で来てくれている。 …
  • ダム ヤマメ スプーン

    そうじゃない

    「男子三日会わざれば刮目して見よ」 だいぶ昔から言い伝えられてる諺なのだけど、逆に3年以上付き合っても「そうじゃないだろう。」と思わされる男がいる。 大体、次男坊というのがくせ者なのだろう。自分は男3…
  • KAID ヒップバック

    KAID アクティブヒップバック

    毎年、正月を過ぎるとしばらくの間、仕事が多忙になってあまり釣りに行けなくなる。 気分は湖半分、そして来るべき3月のヤマメ解禁半分なのだけど、釣りに行けない分、自然とヤマメの準備をし始める。 …
  • 御池 ニジマス スプーン

    Eye of the Beholder

    「こんにちはぁ!」 なつかしい顔が変わらない満面の笑みでこちらを見ている。突然の来訪だったが、思い出深い男だからちっとも嫌な気はしない。 「おう。元気だった?」 「はい!おかげさまで!」 「で?今…
  • 大河

    凡庸に狂気(大物釣り師 幻の巨大イトウに挑んだ男:読書)

    SNS上でいくつか言葉を交わした後、この著書を紹介していただいた。 "大物釣り師 幻の巨大イトウに挑んだ男" あくまでフィクションである、と断られたが。著者自信を骨として、見聞きした逸話(実話)を…
  • 岩魚 山女魚 原種 DNA

    原種を求めてvol.1 (九州在来イワナ・朱点ヤマメのサンプル採取協力について)

    記録に残るような大物トラウト。 一生忘れることはない美しいトラウト。 私たちはトラウトフィッシングを愛し、かけがえのない思い出をもらい続けています。 しかし、日本において彼らそれぞれの明確なルー…
  • スプーン ベビートーピード

    Shadow of the Crystal

    「どうしてだろう。頭の中にあの頃のカタログの映像が鮮明に浮かぶんですよ。ロッドのスペック表示なんか全部覚えている。リール、ルアーもそう。まるで写真を見るように浮かぶんです。僕は頭がおかしいんでしょうか…
  • アマゴ パラゴンG

    近づくために

    上級者やエキスパートにとってみれば、あまりに当然のことであるため、いちいち言葉にしたりすることに抵抗があるのだろうが、私などの脱初心者・中級者にとってみれば、修練であったり、改めて見直す必要のある釣技の…
  • ランドロックサクラマス スプーン アンサー

    Why Do We Try(ランドロックサクラマスVol.2)

    解禁から3週連続、片道約150㎞。2時間半から3時間はかかる道のりだ。 BGMは大事なギアの一つになっている。 ここ数年、運転しながら聴くのは大昔のジャズやクラシックばかりで、最近の音楽には全く食…
  • スプーン 虹鱒

    ネイティブ レイク スプーニング①(リトリーブ編)

    前回のコラム(New season & New answer)でステディ(安定した、固定した)なリトリーブが重要だということについて述べましたが、このことを含めて今回から(不定期になるとは思います…

ピックアップ記事

  1. 今にも地上に落ちてきそうな灰色の雲の下、ひたすらに続く林道をガタゴトガタゴトと進む。 それがど…
  2. ”ゴオゥ・・・ゴオゥ・・・” 不規則に、でも何かの意図があるかのように稜線に吹き上がってくる素…
  3. 「おい。今度サトーセージ氏が宮崎来るんだけど、一緒に呑み行くか?」 そう声を掛けられたのは2月…
  4. ヤマメ 原種 調査
    https://www.youtube.com/watch?v=yxnsl4E8ea4 ”Je…
  5. ジョー ヘンダーソン
    https://www.youtube.com/watch?v=xwRbcb4ADjY もうずいぶ…
  6. トラウトタックル
    強い思い出というものは、心の中で熟成されるまでは言葉に表さない方がよい。 何回も何回も…
  7. 椎葉ダム ヤマメ テッペンスプーン
    「おめでとう!よくやったね!!」 満面の笑みでそう声をかけられ、僕は松本さんと固く握手を交わした。…
  8. ニジマス ベイトタックル ルアー
    詳しくはないが 釣りもキャンプもオールドの世界観が好きで、現代の機種と性能こそ劣るけれど、構…
  9. 御池 ニジマス スプーン トラウト
    最近、NHKを見ていたら興味深い番組があった。 自分は全く知らなかったのだが、…
  10. KAID ヒップバック
    毎年、正月を過ぎるとしばらくの間、仕事が多忙になってあまり釣りに行けなく…
ページ上部へ戻る