カテゴリー:Spoon

  • スプーン トラウト

    Happy ~○ミは細部に宿る~

    色んな川の色んな現場をくぐり抜けて、くすんだ渋みを増したスプーンもいいけれど、ほんの少しコンパウンドを付けて磨いてあげると、封を切る前の輝きを取り戻す。 小さなスプーンには綿棒で、大きなスプーン…
  • ヤマメ スプーン HOBO

    フックにまつわるエトセトラ

    渓流シーズンが終わってしまった。 毎週末の早起きと深夜早朝のドライブも来年3月まではおあずけだ。 湖のレインボーももう少し水温が下がらないと気分がのらないし、何より高水温で釣ってしまうとリリースが難…
  • イワナ ゴギ スプーン 九州

    三匹のイワナ(原種を求めてvol.3)

    焼酎「100年の孤独」。ワイン「vina maipo」。バーボン「ワイルドターキー」。それにビール。少し高い酒から手頃なのまで種々雑多。 2人で飲むには少々多かったのかもしれない。 9月29日~3…
  • スプーン ヤマメ

    スプーニングを真似る渓

    「ウマいですね。」 行きがけに寄ったコンビニで明日の食糧と水分、今夜の肴を買った後。2時間程度のドライブ、何を話したのだかさほど覚えていないのだけれど、覚えてないということは、いつもと変わらない有意…
  • ヤマメ 胸鰭

    甘美なるもの

    まだ10代の半ばだった頃読んだ筒井康隆氏の小説に書いてあった一節がずっと頭に残っている。 小説自体はライトタッチの青春群像のようなストーリーで、どこか関東あたりの海で若い男がサーフィンをしながら放浪する…
  • ヤマメ HOBOスプーン

    アイム・オールド・ファッション

    もう後少しで渓流シーズンが終わろうとする8月下旬、「灯台もと暗し」もいいところなのだけれど、とあるスプーンの魅力に取りつかれている。 忠さんスプーン、バイトに白黒のアイを自作して貼り付けているのだが…
  • 【スプーン初心者へ】1匹釣るための方法

    「面白そうだけど、スプーンってよくわからないから教えてよ」 ルアーやるんですね、と話し始めてこのサイトを見せた相手にこう言われてしまいました。 確かに、このサイト自体あまり初心者へ向けた内容になっていないので、わ…
  • スプーン 水中

    スプーンフックはどちらを向けて付けるか(水中動画有り)

    このTailSwingをスタートし、渓流シーズンをスプーンのみで通し始めて、数年が経ちます。 昨年くらいまでは、「ここでミノーがあればなぁ。」と思う瞬間がなかったわけではありません。 しかし、それでもスプーンオン…
  • 中禅寺湖 レイクトラウト スプーン

    Full Moon(中禅寺湖)

    朝早くから家庭行事に追われ、最後は地元の小さなお祭りに出掛ける。 ささやかで、ちいさく、それでも精一杯に愉しませようとしてくれた花火と歓声を見終えて、手をつなぎ、歩幅の違いに合わせての帰宅の中、ふいに見…
  • 表裏の帯2(銀山湖)

    表裏の帯1(魚野川~湖山荘) 夢も出ない暗闇。ん、手首?誰かが握った・・・。 「おはようございます」 少し笑いながら 「大丈夫ですか?脈計りますね」 と。 驚きつつもゆっくりと起き上がる、や…

ピックアップ記事

  1. ニジマス ベイトタックル ルアー
    詳しくはないが 釣りもキャンプもオールドの世界観が好きで、現代の機種と性能こそ劣るけれど、構…
  2. 御池 ニジマス スプーン トラウト
    最近、NHKを見ていたら興味深い番組があった。 自分は全く知らなかったのだが、…
  3. KAID ヒップバック
    毎年、正月を過ぎるとしばらくの間、仕事が多忙になってあまり釣りに行けなく…
  4. 御池 ニジマス スプーン
    あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 ちょっと長いで…
  5. 御池 アンサースプーン ニジマス
    「生粋の」とは正真正銘の、とか、混じり気のない、という意味だ。 そう言った意味で彼こそ…
  6. 渓流 スプーン ミノー 山女魚
    どこでその話をしたのだか、記憶は既に曖昧かつ朧気になっている。 それも当然だろうと思うほど、釣りに…
  7. ニジマス HOBOスプーン
    11月初旬、宮崎の中央部を流れる一ツ瀬川の上流、西米良村に来ていた。ここは九州で…
  8. ヤマメ スプーン HOBO
    渓流シーズンが終わってしまった。 毎週末の早起きと深夜早朝のドライブも来年3月ま…
  9. スプーン ヤマメ
    「ウマいですね。」 行きがけに寄ったコンビニで明日の食糧と水分、今夜の肴を買っ…
  10. ヤマメ 胸鰭
    まだ10代の半ばだった頃読んだ筒井康隆氏の小説に書いてあった一節がずっと頭に残ってい…
ページ上部へ戻る