カテゴリー:Spoon

  • 虹鱒 アンサースプーン パラゴン

    マインドゲーム

    湖のトラウトゲームが大好きだ。元をたどればおそらく幼少期に見た釣りキチ三平の影響だと思う。立ち枯木が水面にそそり立つ幽玄の山上湖。スピニングタックルから弧を描いて着水するスプーン。「シュルシュル・・・。…
  • 早春、渓へ

    解禁を前にすると、やがて訪れるその日を前にそわそわとした気分になるアングラーも多いかと思う。 勿論、僕も、その一人だった。 ただ、ここ何年かは、本当の事を言うと出来るだけ渓流の事は、ヤマメや鱒の事を考えない様にし…
  • 五ヶ瀬川 本流 山女魚

    嗚呼、あの、記憶が蘇る

    いよいよ、渓流シーズンも開幕寸前ということで、1年前より発症していたバネ指のオペを完了し、 本コラムにてリハビリ中である。 最初は冗談かという病名であったが、別名(弾発指)と呼ばれ、指の屈筋腱と靭帯性腱鞘…
  • 犀川 ワイルドレインボー

    犀川とスプーン

    野生化した大型トラウトが釣れる事で、その名が全国に知られている長野県の犀川。 その犀川の約半分のエリアを占める犀川殖産漁協管内においては、 冬季でもトラウトフィッシングが可能である事からアングラーを見…
  • 御池 虹鱒

    春色の砲弾

    正月明けからしばらく、仕事が特に多忙だ。 「忙」という字は「心を亡くす」という意味がある。確かにこの繁忙期が終わる直前にはいつも心身のバランスを崩しそうになる。 喧噪が終わって一息ついたある日、御池…
  • 虹鱒

    それでも投げる!

    今年もトラウトフィッシングの季節がやってきました。 しかし、まだ二月。 トラウト達は、活発には動きません。 本流ルアーフィツシャーマンにとって厳しい時期なのです。 本来なら、ミノーに活発に反応するレインボーも、こ…
  • スプーン

    スプーンとの出逢い2(サクラマスへの挑戦)

    自動車免許を取ってからの僕は、相変わらずバス釣りはしていた。 当時はバスブームになる少し前、関東でもまだバスを釣る人は少なくて自由に釣る事が出来た。 それでも50cmを超えるのが壁で48cm止まり、…
  • コータック コンデックス スプーン

    スプーンとの出逢い

    ルアー、その基礎になるスプーンの歴史は長い。 スプーンを完全にマスターするのは難しい。 そして今は0LDと呼ばれるスプーンを語れるほど、まだ僕自身も深くは知らない事も多い。 スプ…
  • 御池 虹鱒 婚姻色

    2年の余韻

    年末も年末、12月30日。 誘われるまま、またここに立って鉄片を投げ込んでいる。 御池、横にいる大兄の浪漫ある言葉にほだされて、もうまる2年が過ぎた。 チャンスは何度かあった、合わせられなかったり、空中でその先…
  • 御池 虹鱒

    Eye of the Dragon

    木々の上にゆっくりと浮上する朝日は見事な金色の光を放ちながら、その熱を湖面に放つ。 御池の朝マヅメはそんなにいい思いをしたことがない。しかし、この日は釣り納めだった。同行者に聞いたら、この夜明けを見…

ピックアップ記事

  1. ニジマス ベイトタックル ルアー
    詳しくはないが 釣りもキャンプもオールドの世界観が好きで、現代の機種と性能こそ劣るけれど、構…
  2. 御池 ニジマス スプーン トラウト
    最近、NHKを見ていたら興味深い番組があった。 自分は全く知らなかったのだが、…
  3. KAID ヒップバック
    毎年、正月を過ぎるとしばらくの間、仕事が多忙になってあまり釣りに行けなく…
  4. 御池 ニジマス スプーン
    あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 ちょっと長いで…
  5. 御池 アンサースプーン ニジマス
    「生粋の」とは正真正銘の、とか、混じり気のない、という意味だ。 そう言った意味で彼こそ…
  6. 渓流 スプーン ミノー 山女魚
    どこでその話をしたのだか、記憶は既に曖昧かつ朧気になっている。 それも当然だろうと思うほど、釣りに…
  7. ニジマス HOBOスプーン
    11月初旬、宮崎の中央部を流れる一ツ瀬川の上流、西米良村に来ていた。ここは九州で…
  8. ヤマメ スプーン HOBO
    渓流シーズンが終わってしまった。 毎週末の早起きと深夜早朝のドライブも来年3月ま…
  9. スプーン ヤマメ
    「ウマいですね。」 行きがけに寄ったコンビニで明日の食糧と水分、今夜の肴を買っ…
  10. ヤマメ 胸鰭
    まだ10代の半ばだった頃読んだ筒井康隆氏の小説に書いてあった一節がずっと頭に残ってい…
ページ上部へ戻る