近づくために

[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア

 

虹鱒 グリーンバック
上級者やエキスパートにとってみれば、あまりに当然のことであるため、いちいち言葉にしたりすることに抵抗があるのだろうが、私などの脱初心者・中級者にとってみれば、修練であったり、改めて見直す必要のある釣技の基本について、見ることはできたが実践おぼつかない自分へ向けて、あるいは、私と同じような方のヒントにしてもらえたら嬉しい。

これを書くきっかけになった釣行記事はこちら(感性のピース


ベイトタックルを前提とする。が、スピニングでの釣りをもし知らないとすれば覚えたほうがいい。多くのトラウトタックル・ルアーはスピニング、さらに言えば渓流ならその多くはナイロンを前提として開発・テストが行われているため、本来の機能(動きや曲がり等々)を発揮するためには同様のタックルで使わないとわからないからだ。その本来の機能を確認した上で、同様のことが違うタックルセット、私で言えばベイトかつPE+フロロを使用するような場合、どう操作したら再現できるのか調整しなければならない。

このベイトとスピニング、ライン、ロッドの違いを知り、埋める作業のなかで、互いのメリットやデメリット、自身の好みを反映させていけば、自然と使うものは選び抜かれるし、ルアーやポイントによって使い分ける、もしくは限界を知りながら”わかって”使うのでストレスになることはなくなっていくだろう。個人的にはどちらのタックルも愉しい。

あれだけテストされ実釣し、販売されているルアーで釣れないはずもない。理由は開発者の意図を無視して、使用方法を間違えているだけなのかもしれない。

まずは素直に、テストと同じ、もしくは推奨されるセットの条件下で使えるようになってから独自の使い方で試すしかないだろう。

五ヶ瀬川 支流 クリア
大原則、魚が居なければ釣れない。当たり前すぎるが、この話を忘れると釣れない場所で釣れないと言うしかない。投げる前、どの場所に入るのかというスキルが必要となる。これは自分がメインで通う場所であればある程度経験則などから容易になるし、渇水の時に見た岩の位置などもわかるため、増水時に魚の付き場も水中が見えるかのように想像できる。だからこそローカルの凄腕が存在して、ガイドなどもできるわけだ。

遡上する魚を狙うのなら、どこに待っていて、雨などのタイミングでどこまで上がれるのか。予想と実釣からおよその想像はできるようになるだろう。

初めての川であればセオリーや自身の経験則から仮説を立てるしかないが、判断のための情報は集める必要がある。ネットでも、本でも、仲間でも情報を得て仮説に加えよう。技術がいかにあっても、場所の要素は大きい。釣る前に釣果はある程度決まってしまうと言ってもいいぐらいだ。どこにでも書いてある不変の事実なのだが、釣り場に立ちたい一心、投げたい一心では忘れてしまいがちになる。

完全に魚を見失っているのなら、足で稼ぐしかない。ポイント移動だが、これもいくつの仮説を立てられるかに左右される。ここしかない!という場所で外したら後がないというのではせっかくのサンデーフィッシングに魚が見られない。もちろんそれでいいのだ、という釣りも個人的には大好きであるが。

山女魚 アイシャドウ スプーン
さて、上2つでルアーが動かせて、さっぱり外してしまうかもしれないが場所が決められたとして。それからが投げるとか、掛けるとか、どう手元まで寄せるのか、という話になってくる。どうしても情報を売るメディアでは魚の写真が必要だし、ポイントに立った後、どう釣るのかということが人の気持を動かしやすいので、そんな内容になってしまうけれど、それ以前で釣果が決まってしまうことは多い。

このルアー、このアクションでパターンに落とし込む、そんな釣りができるのもその場所を選択しているからで、パターンそのものの条件として場所も含まれている。

管釣りは、この場所選択からある程度開放してくれる。もちろん釣り場の中で色々なポイントはあるが、魚がいることが保証されているため、ルアー選択からキャスト、ランディングまでパターンを見つけることに集中しやすい。


本当にいい意味で釣りキチガイだと思った2人から同じようなことを聞いた。

例えば、この石の奥にルアーを泳がせるから、あの場所にルアーを落とす、その時にラインはあの筋を流すからこんな感じにフケさせる、それでルアーはここに来たときにこんな向きになる、魚はここにいてこうやってルアーのここにバイトしてくるから、その時にフックの位置はここにあるでしょ。だから魚のこのあたりに掛かるんだよね。

・・・まるで見てきたかのような解説。魚をフッキングに持ち込むまでの一連の流れがはっきりとイメージできているということになる。例には書いてないが、流れの強さや向き、操作したルアーの深度など書ききれない事象を把握ないし想像できているということだ。

もちろん本当にそれでその通り釣るのだけれど、そうならないことのほうが多い。そして、そうならなかったら、次は○○cmこっちを流しますね。といいながらまた違うイメージで釣りをしている。つまりは、恐ろしく精度の高いランディングまでの仮説が何個か浮かんだ後に、最善の一手から、だめな時の次の手、情報を得るための手、そしてキャストをやめて移動するまでを柔軟に都度調整しながら決めている。

反応があればその仮説を中心に次の場所で試す、これを1日の釣りの中でやりながら、自身の引き出しからその日のパターンに、その日のパターンを今の時間のパターンにまで落とし込んでいるのだ。

さらに観察すると違和感を覚えたら、何度かルアーを打ち込んでいる。イメージと違う点は何なのかを確認しているのだろう。そして答えが出たらまたその日の仮説に組み込んでいる。主に流れの強弱によるルアーとラインの位置調整のような感じに見えた。

アマゴ MarkSpider Ambassador2500C Conclusion
たぶんここで掛けてもバラします、ここでバイトがあってもフッキングしません、など理由付きで、宣言通りに竿を曲げてしまう。ここまで書けば、狙ったところに投げながらラインをコントロールするということなんて、いかに彼らにとって当たり前すぎて論じることが恥ずかしいのか想像できるだろう。

そこに投げるのには理由があって、どう流すか、どう獲るかまでイメージできている、もっといえば、今日、そのポイントでどんな情報が欲しいのかということが明確になっていて、その確認のために投げている。立ち位置ひとつ、投げ込むまでの距離、角度、その他多くの要素がどれだけの実践の上に成り立っているのか、目眩がしそうになる。

とてもじゃないが、さぁやってみよう!と言われてできることじゃない。私のレベル感ではせいぜい、この場所に投げて、こんな感じでこのあたりを通して巻いてきたら釣れそうだな・・・程度のものである。少ない釣行回数でこの高みなど到底無理だと感じるが、近づくことはできるはずだ。

サトウオリジナル アンサースプーン
人は見たもの以外イメージできない。イメージできないことは再現することができない。なんでもそうだが、そう考えればエキスパートに近づくための答えはシンプルになる。先に書いた”本来の機能を確認する”ということも全く同じで、観察するしかない。水中であれば動画や写真があるだろうし、釣行の際は見える場所で動きを完璧にイメージできるほど叩き込むしかない。流れも、ヨレも、ラインの送り込みも、ひとつひとつ試して”見る”しかないのだ。

キャストだろうが、リーリングだろうが、フッキングだろうが、初心者ができないのはイメージできないから。我々だって同じで、テレビやDVDで見たとか、横に居た釣り人とか、師匠とか、そのイメージを脳内再現し、真似て、実践することで覚えたはずだ。

私も、今回の釣行で流れに乗って、自然に違和感なく奥へ入り込むルアーを目の当たりにした。まるで餌釣りのように。これで、視認できるルアー、ラインを使い練習さえすれば同じようなポイントで同じように送り込むことができる、それは確信がある。見たことでイメージが出来上がったからである。

パラゴンGシリーズ 岩魚 スプーン
真似るは、学ぶと同じ語源で実によくできているなと感心してしまう。

渓流であれば透明度が高く、ある程度見ることができるので、上手い人がいたなら、自分のキャストなんて二の次で観察にふけってもらいたい。これもとても愉しく、上手い人は所作が無駄なく美しいので目の保養にもなると思う。

水中が見えないのであれば、キャストからロッドワークとリーリング、ラインの動きから想像した内容をぶつけて質問してみるといい。はぐらかされるかもしれないが、不思議な事に上手い人ほど丁寧に教えてくれたりもする。

恩返しなど何もできないのだが、この恩義は心に留めて、いつか、何かできるときに必ず返したいとも思う。研鑽と試行錯誤の結果の上に我々はいて、先人の誰かが誰かに伝えてくれたことが今、さらに磨き上げられて自分へと届けられているのだから。

それは、人と人が関わる基本だと思う。

 

[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア

藤井政幸

藤井政幸TailSwing運営代表

投稿者プロフィール

渓流~海までどこでもスプーンを投げる。
-メッセージ-
このサイトを通じて色々な方と繋がれたら幸せです。
ご連絡、メッセージお待ちしてます。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. スプーン ヤマメ
    「ウマいですね。」行きがけに寄ったコンビニで明日の食糧と水分、今…
  2. ヤマメ 胸鰭
    まだ10代の半ばだった頃読んだ筒井康隆氏の小説に書いてあった一節がずっと頭に残っ…
  3. ヤマメ 原種 スプーン
    大学生になり、初めて親元を離れて関東で暮らすことになった。元々、早く一人…
  4. 「面白そうだけど、スプーンってよくわからないから教えてよ」ルアーやるんですね、と話し…
  5. 中禅寺湖 レイクトラウト スプーン
    朝早くから家庭行事に追われ、最後は地元の小さなお祭りに出掛ける。ささやか…
  6. 表裏の帯1(魚野川~湖山荘)夢も出ない暗闇。ん、手首?誰かが握っ…
  7. 岩魚 山女魚 原種 DNA
    記録に残るような大物トラウト。一生忘れることはない美しいトラウト…
  8. 渓流 山女魚 スプーン バイト
    身体を悪くして随分時が過ぎた父親に話しかけた。「ほら、小さい頃よ…
  9. トラウトアングラー
    18+18=36ごくごく私的な数値。彼とはお互いに連絡も、噂も、さほど気…
  10. アマゴ マークスパイダー Ambassador2500 CASKET
    「藤井さん、ネット使って」そう声をかけられ、とまどう。普段はネットを…
ページ上部へ戻る