過去の記事一覧

  • 大河

    凡庸に狂気(大物釣り師 幻の巨大イトウに挑んだ男:読書)

    SNS上でいくつか言葉を交わした後、この著書を紹介していただいた。 "大物釣り師 幻の巨大イトウに挑んだ男" あくまでフィクションである、と断られたが。著者自信を骨として、見聞きした逸話(実話)を…
  • ヤマメ スプーン HOBO

    フックにまつわるエトセトラ

    渓流シーズンが終わってしまった。 毎週末の早起きと深夜早朝のドライブも来年3月まではおあずけだ。 湖のレインボーももう少し水温が下がらないと気分がのらないし、何より高水温で釣ってしまうとリリースが難…
  • イワナ ゴギ スプーン 九州

    三匹のイワナ(原種を求めてvol.3)

    焼酎「100年の孤独」。ワイン「vina maipo」。バーボン「ワイルドターキー」。それにビール。少し高い酒から手頃なのまで種々雑多。 2人で飲むには少々多かったのかもしれない。 9月29日~3…
  • スプーン ヤマメ

    スプーニングを真似る渓

    「ウマいですね。」 行きがけに寄ったコンビニで明日の食糧と水分、今夜の肴を買った後。2時間程度のドライブ、何を話したのだかさほど覚えていないのだけれど、覚えてないということは、いつもと変わらない有意…
  • ヤマメ 胸鰭

    甘美なるもの

    まだ10代の半ばだった頃読んだ筒井康隆氏の小説に書いてあった一節がずっと頭に残っている。 小説自体はライトタッチの青春群像のようなストーリーで、どこか関東あたりの海で若い男がサーフィンをしながら放浪する…
  • ヤマメ HOBOスプーン

    アイム・オールド・ファッション

    もう後少しで渓流シーズンが終わろうとする8月下旬、「灯台もと暗し」もいいところなのだけれど、とあるスプーンの魅力に取りつかれている。 忠さんスプーン、バイトに白黒のアイを自作して貼り付けているのだが…
  • ヤマメ 原種 スプーン

    Run for Cover(原種を求めてvol.2)

    大学生になり、初めて親元を離れて関東で暮らすことになった。 元々、早く一人暮らしをしたかった自分にとって、このことは羽根が生えたような昂揚で、限りない自由を手に入れたのと同じだった。 そして、入部した…
  • 【スプーン初心者へ】1匹釣るための方法

    「面白そうだけど、スプーンってよくわからないから教えてよ」 ルアーやるんですね、と話し始めてこのサイトを見せた相手にこう言われてしまいました。 確かに、このサイト自体あまり初心者へ向けた内容になっていないので、わ…
  • スプーン 水中

    スプーンフックはどちらを向けて付けるか(水中動画有り)

    このTailSwingをスタートし、渓流シーズンをスプーンのみで通し始めて、数年が経ちます。 昨年くらいまでは、「ここでミノーがあればなぁ。」と思う瞬間がなかったわけではありません。 しかし、それでもスプーンオン…
  • 中禅寺湖 レイクトラウト スプーン

    Full Moon(中禅寺湖)

    朝早くから家庭行事に追われ、最後は地元の小さなお祭りに出掛ける。 ささやかで、ちいさく、それでも精一杯に愉しませようとしてくれた花火と歓声を見終えて、手をつなぎ、歩幅の違いに合わせての帰宅の中、ふいに見…

Special Thanks Link

Facebook

ピックアップ記事

  1. 今にも地上に落ちてきそうな灰色の雲の下、ひたすらに続く林道をガタゴトガタゴトと進む。 それがど…
  2. ”ゴオゥ・・・ゴオゥ・・・” 不規則に、でも何かの意図があるかのように稜線に吹き上がってくる素…
  3. 「おい。今度サトーセージ氏が宮崎来るんだけど、一緒に呑み行くか?」 そう声を掛けられたのは2月…
  4. ヤマメ 原種 調査
    https://www.youtube.com/watch?v=yxnsl4E8ea4 ”Je…
  5. ジョー ヘンダーソン
    https://www.youtube.com/watch?v=xwRbcb4ADjY もうずいぶ…
  6. トラウトタックル
    強い思い出というものは、心の中で熟成されるまでは言葉に表さない方がよい。 何回も何回も…
  7. 椎葉ダム ヤマメ テッペンスプーン
    「おめでとう!よくやったね!!」 満面の笑みでそう声をかけられ、僕は松本さんと固く握手を交わした。…
  8. ニジマス ベイトタックル ルアー
    詳しくはないが 釣りもキャンプもオールドの世界観が好きで、現代の機種と性能こそ劣るけれど、構…
  9. 御池 ニジマス スプーン トラウト
    最近、NHKを見ていたら興味深い番組があった。 自分は全く知らなかったのだが、…
  10. KAID ヒップバック
    毎年、正月を過ぎるとしばらくの間、仕事が多忙になってあまり釣りに行けなく…
ページ上部へ戻る