それでも投げる!

コータック コンデックス

今年もトラウトフィッシングの季節がやってきました。

しかし、まだ二月。
トラウト達は、活発には動きません。

本流ルアーフィツシャーマンにとって厳しい時期なのです。
本来なら、ミノーに活発に反応するレインボーも、この時期は殆ど反応しません。

そう、この時期はスプーンフィッシングの独創場なのです。
ポイントも、淵だとか、トロ場主体です。

当然スプーンも、深場をより効果的に探れる形状になります。
固有名詞を挙げた方が解りやすいので、私はバイトとか、コンデックス型を良く使います。

虹鱒
トロ場をドリフトさせているだけで、ヒラヒラと沈下、流下しながら動いてくれるスプーンです。

スプーンの深度は、キャストの方向と、流れの強さ、スプーンの自重などで調整します。
リールを極力巻かないで、ラインスラックを出さずに、脈釣りのようなイメージで、流していきます。

スプーンが本来持ってる動きに任せて流します。

もちろん、使うスプーンには、絶大な信頼感と、特別な愛着を持ってます。

ただ、この釣り方を実践していると、愛着のあるスプーン達との別れも頻繁に起こります。
スプーンを流れに任せて沈めていると、場所によっては頻繁に根掛かりするのです。

その時の絶望感って言ったら。

絶版スプーンや、オールドスプーンの好きなアングラーなら、判って頂けるでしょう。

スプーンは消耗品と言う言葉をよく聞きますが、流水設計で、表層を素早く引いて効果があるタイプなどは、よほどのミスをしない限り根掛りしません。

使う時間に比例して、悲しい別れがやってくるスプーンは決まってます。

コータック コンデックス
私の場合、コンデックスの8gと12gを、年間20個程度は失くします。
同じコンデックスでも、奇跡的に何度も根掛かりから復帰したツワモノもいます。

表面はキズだらけになっていますが、多くのレインボーどもを掛けてきた実績。
しかし、一年以上スプーンBOXの定位置に居座り続けるのは稀です。
よって、2月から、3月には、頻繁に入れ替わります。

悲しい別れがやってきます。

今年、すでに5個のコンデックススプーンを失くしてます。
でも、一尾のレインボーと出会えました。

虹鱒
その代償は大きいですが、レインボーどもの棲家まで沈めなきゃ相手にされない。
判っているのです。

最盛期になれば、出番は少なくなりますが、状況によって、出番も多々あります。

頑張れ、俺のコンデックス!
いつも心の中で思っています。

表面が傷だらけのコンデックスは、今も出番を待っています。

スプーンはただの金属片、言ってしまえばそうなのですが、何度も根掛かりという死線を超え、塗装も剥がれ、キズだらけになりながらも、私に素晴らしい出会いを与えてくれる相棒です。

それでも投げる!

だから私は真っ先に、一番実績のあるコンデックスを投げます。

愛着のあるスプーンだからこそ、迷うことなく投げるのです。
コータック コンデックス

 

 

ヤス ・ホウ

ヤス ・ホウ

投稿者プロフィール

長良川サツキマスの美しさに魅せられ、ルア-で釣ることに情熱を燃やす、岐阜県在住のアウトドアマン。

フライフィッシングで、岐阜の源流を釣り歩いたり(最近はご無沙汰)、山菜取り、昆虫採集、野生の生き物などに、 強い関心を持ち、一人勝手に活動を続けている。時間があれば釣り場にすっ飛んで行ってしまう行動派ルア-マン。
最近は、野生化したレインボーにも魅了され追い求めている。 また、河口付近にも出没し、コソコソと、シ-バスを釣る姿も見られるようになった。

深夜、人目を忍んで、ナマズナイトも楽しんでいる。 オールドタックル・コレクターでもあり、オールドスプーン収集総数は、1,000超。

関連記事

ピックアップ記事

  1. とある酒の席、サシで釣りの先輩と飲み語らいの中言われた。 「ホントに釣りが好きなの?そ…
  2. 今にも地上に落ちてきそうな灰色の雲の下、ひたすらに続く林道をガタゴトガタゴトと進む。 それがど…
  3. ”ゴオゥ・・・ゴオゥ・・・” 不規則に、でも何かの意図があるかのように稜線に吹き上がってくる素…
  4. 「おい。今度サトーセージ氏が宮崎来るんだけど、一緒に呑み行くか?」 そう声を掛けられたのは2月…
  5. ヤマメ 原種 調査
    https://www.youtube.com/watch?v=yxnsl4E8ea4 ”Je…
  6. ジョー ヘンダーソン
    https://www.youtube.com/watch?v=xwRbcb4ADjY もうずいぶ…
  7. トラウトタックル
    強い思い出というものは、心の中で熟成されるまでは言葉に表さない方がよい。 何回も何回も…
  8. 椎葉ダム ヤマメ テッペンスプーン
    「おめでとう!よくやったね!!」 満面の笑みでそう声をかけられ、僕は松本さんと固く握手を交わした。…
  9. ニジマス ベイトタックル ルアー
    詳しくはないが 釣りもキャンプもオールドの世界観が好きで、現代の機種と性能こそ劣るけれど、構…
  10. 御池 ニジマス スプーン トラウト
    最近、NHKを見ていたら興味深い番組があった。 自分は全く知らなかったのだが、…
ページ上部へ戻る