エリアチャレンジ、としまえんフィッシングエリアに初体験を思う

東京 月夜

 

東京に来て、やりたかったことのひとつ。

 

それがエリアフィッシングだ。

 

九州、それも宮崎ではまず体験することのない世界。

経験者から話だけは聞くけれど、実際にやってみなければわからない。

 

本来は仕事で来たのだから、とりあえず近場でどこかないものかと探したところ、としまえんフィッシングエリアがあるということで、2回ほど釣行させてもらった。

 

東京 桜

 

丁度いいことに桜も見頃を迎え、花見客などと風情を楽しみつつも、足早にその場所に行こうとする自分がいた。

 

初体験・初挑戦。いい気分だ、チャレンジするということは心躍る。都合のいい期待とそんなに甘くないだろうという経験則や体験者の言葉、事前に見た動画、調べた情報。

 

全てが頭の中で渦になり、計算し、その通りになることを思いながら、予想が外れることを片隅に抱きながら、愉しいその時を跨ぐ感情の波をコントロールして、いい大人なんだからと自分を戒める。

 

としまえんフィッシングエリア

 

どうやらプールの閉鎖時期のみ釣りができるようだ、そこにトラウトが目のやり場に困るほど泳いでいる。これは、なんと言えばいいのか、目の当たりにして素直に思った。

 

釣り?だよね?

 

考えれば、普段釣りをする場所に比べて、こんなに極端なところを選んだのもチャレンジだったのだろうし、だからこそのショック、良い意味で、ひとり頷く、ブツブツと独り言葉を吐く。

 

とにかく、投げなければ話にならない。目の前の文字通り「プール」に泳ぐ、あの鱒は反応するのだろうか。

 

としまえんフィッシングエリア

 

自分が下手なのか、慣れてないのか、PE+フロロというせいなのか。全くフッキングが上手くいかない。

10投に1回ほどのバイト、掛けたつもりでもバレる。

 

なんとか3本に1本程度キャッチ、しかし、感覚のズレというか違和感というか。着水後にラインスラッグを取るためにあおったのがフッキングとなってしまう体たらく。

 

しかし、この不満がまた愉しい。次はどうする?竿か、巻きか、スイープか、電撃か。色々と試せる。

 

ある意味答えを身体が知ってしまうと素人の愉しみが消えてしまう、いつでも考えなくてはならないのは一緒だとしても、だ。

初心者が中級者になるあの成長スピードと喜びを、またこの釣りが思い出させてくれる。

 

しかし、完全に慣れてないせいで、写真も撮ろうとすると暴れてフックアウト。持ち帰るつもりもないのでネットも使わず、プールサイドに上げることもなかったからなのだが、これではお話にもならない。

 

諦めてネットを借りに戻り、なんとか撮影する。

 

これは・・・写真も納得できるようなものは撮れない。

 

としまえんフィッシングエリア 虹鱒

 

あえて大物エリアとなる「アマゾンエリア」では釣らなかった、なんというか、頭の中にあるイメージが大物ではなかったからだ。

 

とにかくスプーンのアクションやカラー、魚の反応、なにより自分がどう対処していくのかを感じていたかった。

 

スプーン 管釣り

 

しばらくは東京にいる予定だ、管理釣り場の他にも行きたいところは山ほどある。

年内にはチャレンジできないかもしれないが、必ずまた、新しい愉しみを色々なところで感じ続けるだろう。

 

エリアチャレンジも続けていきたい。あの狭い世界もまた、広大で深遠な釣りが待っていると思う。

 

 

藤井政幸

藤井政幸TailSwing運営代表

投稿者プロフィール

渓流~海までどこでもスプーンを投げる。
-メッセージ-
このサイトを通じて色々な方と繋がれたら幸せです。
ご連絡、メッセージお待ちしてます。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今にも地上に落ちてきそうな灰色の雲の下、ひたすらに続く林道をガタゴトガタゴトと進む。 それがど…
  2. ”ゴオゥ・・・ゴオゥ・・・” 不規則に、でも何かの意図があるかのように稜線に吹き上がってくる素…
  3. 「おい。今度サトーセージ氏が宮崎来るんだけど、一緒に呑み行くか?」 そう声を掛けられたのは2月…
  4. ヤマメ 原種 調査
    https://www.youtube.com/watch?v=yxnsl4E8ea4 ”Je…
  5. ジョー ヘンダーソン
    https://www.youtube.com/watch?v=xwRbcb4ADjY もうずいぶ…
  6. トラウトタックル
    強い思い出というものは、心の中で熟成されるまでは言葉に表さない方がよい。 何回も何回も…
  7. 椎葉ダム ヤマメ テッペンスプーン
    「おめでとう!よくやったね!!」 満面の笑みでそう声をかけられ、僕は松本さんと固く握手を交わした。…
  8. ニジマス ベイトタックル ルアー
    詳しくはないが 釣りもキャンプもオールドの世界観が好きで、現代の機種と性能こそ劣るけれど、構…
  9. 御池 ニジマス スプーン トラウト
    最近、NHKを見ていたら興味深い番組があった。 自分は全く知らなかったのだが、…
  10. KAID ヒップバック
    毎年、正月を過ぎるとしばらくの間、仕事が多忙になってあまり釣りに行けなく…
ページ上部へ戻る