サクラを求めて、秘境への旅

 

梅雨入り間もない6月初旬の週末、宮崎希少なトラウトアングラーM氏から、宮崎県最後の秘境、Sダムへのサクラマス調査提案が飛び込む。M氏の新しく購入した、愛車を駆っての釣行とあって、先の予定を丁重にお断りし、OKの即答。

前回の釣行時に凍えた体を、彼の1杯のコーヒーに救われたため、今回は、私が自らダテーラ スウィート イエローを焙煎し、恩返しを計画。サクラをネットに横たえ、ドリップコーヒーを戴いているシーンを想像しつつ、思わず、にんまりしながら、ハンドルを回す姿がそこにあった。

釣行前の焙煎

同じ宮崎県というのに、出発時間は午前1:30、狂人的なスケジュールであるが、サクラマスへの想いに、なぜか睡魔は感じられない。M氏の新しい愛車はH社のベゼル、お洒落な内装に、全く疲れを感じさせない走りに軽快なSAX JAZZが流れ、快適なドライビング。

これぞ、まさに男のクルマ!

お互い、趣味が似ているもんで、会話もはずみ、あっという間に秘境は目前に迫り、空は薄っすらと明け、幻想的に橋が現れた。

釣行途中の橋

幾本かの橋を、オトコのベゼルは駆け抜け

道沿いの滝が、アングラーの心を掻き立てる

釣行途中の滝

ついに秘境ダムへ、はたしてどんなサイズのサクラが泳いでいるのだろうか。

サクラマス ダム

まずは、ダムインレットを探ろうと、ポイントにむかったが、一足先に、久留米ナンバーのアングラーがキャスティング中。そのあたりでは、かなりのサイズと思われる魚のライズが確認されたが、迷惑をかけないようポイントを外して、上流部へ異動、しかし、ヤマメの反応のみ。

再び、インレットにもどり、先のアングラーに尋ねると、朝一にて、強烈なバイトがあり、リーダーからぶち切られたと、かなり興奮気味に説明してくれた。

立ちこんでサクラマスを狙う

 

サクラマス ポイント

我々も、思わず、対岸に車を走らせ、道なき道を駆け下り、湖畔に辿りつき、キャストを重ねた。

すると、突然、M氏のロッドに強烈な衝撃が、そして、魚体がジャンプ 「す、すうじいさん、き、きましたこいつは、まちがいありません」 私は思わず「やったね、遥々来た甲斐あったね!」と叫んだ。

それば、まぎれもなく、50cm近い「こいつ」だった。

私は「少し、口の形と、色が違うだけじゃん」と慰めたが、聞き入れてくれなかった。

ウグイ スプーン

取り合えず、焙煎したコーヒーを入れましょうと言うことで、M氏への借りは返すことができた。

野外 コーヒー

M氏は、満足そうにコーヒーをすすっていた。

ワン オア ナッシングの釣行はこれからも続くのである。

釣り場でのひととき

 

すぅじぃ

すぅじぃ

投稿者プロフィール

生まれ:1963年
メインターゲット:サクラマス
メインフィールド:耳川(宮崎県)
-メッセージ-
さまざまな釣りをこよなく愛し、人生のテーマを50オーバーのサクラマスに設定した歳の割には意外とアクティブなアングラー。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. ”ゴオゥ・・・ゴオゥ・・・” 不規則に、でも何かの意図があるかのように稜線に吹き上がってくる素…
  2. 「おい。今度サトーセージ氏が宮崎来るんだけど、一緒に呑み行くか?」 そう声を掛けられたのは2月…
  3. ヤマメ 原種 調査
    https://www.youtube.com/watch?v=yxnsl4E8ea4 ”Je…
  4. ジョー ヘンダーソン
    https://www.youtube.com/watch?v=xwRbcb4ADjY もうずいぶ…
  5. トラウトタックル
    強い思い出というものは、心の中で熟成されるまでは言葉に表さない方がよい。 何回も何回も…
  6. 椎葉ダム ヤマメ テッペンスプーン
    「おめでとう!よくやったね!!」 満面の笑みでそう声をかけられ、僕は松本さんと固く握手を交わした。…
  7. ニジマス ベイトタックル ルアー
    詳しくはないが 釣りもキャンプもオールドの世界観が好きで、現代の機種と性能こそ劣るけれど、構…
  8. 御池 ニジマス スプーン トラウト
    最近、NHKを見ていたら興味深い番組があった。 自分は全く知らなかったのだが、…
  9. KAID ヒップバック
    毎年、正月を過ぎるとしばらくの間、仕事が多忙になってあまり釣りに行けなく…
  10. 御池 ニジマス スプーン
    あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 ちょっと長いで…
ページ上部へ戻る