スプーンはいくつもあるけれど、スプーンと過ごせる時間は一度きり。

 

色々なルアーフィッシングが出来る中、釣行時間の8割もスプーンフィッシングが占めてしまう場所が僕にはある。

 

梅田湖

 

群馬県桐生市にある梅田湖だ。

 

そしてそれには時期がある。

 

梅田湖 桜

 

春だ。

 

釣行時間の8割と言うが、それは数時間にもおよぶ。

 

そんな数時間を一緒に過ごすスプーン。

そんなスプーンのひとつ。

 

梅田湖 スプーン

 

なんて事だろう。

「釣りは遊び」とはいえ、一度しか流れない時間をその釣りで過ごすわけだ。

 

共に人生を掛けているわけだ。

そのスプーンと共に。

 

ハンドメイドでもなく量産もされてるスプーン。

誰でも釣具店で買える数百円のモノ。

 

でも、そのスプーンと過ごす時間はそこだけにしか存在しない。

宇宙的にみても歴史的にみてもその時間はたった一度しか流れないのではないか。

 

今年2015年の春もそんな時間を過ごしながら、心躍る魚に出会えた。

 

梅田湖 虹鱒 ファイト

 

もちろんの事、魚が居なければそんな時間も流れる事はないだろう。

 

ありがとう。

 

梅田湖 虹鱒

 

 

栗原 隆

栗原 隆

投稿者プロフィール

生まれ:1979年
メインターゲット:トラウト、シーバス、青物
メインフィールド:管理釣り場、湖、沼、地磯(栃木県、群馬県、茨城県、静岡県)
Webサイト釣りを更に楽しくさせるもの
-メッセージ-
芸術そのものの魚と向き合いながら、様々な価値観までも生んでくれる「釣り」がこの世にはあります。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. ニジマス HOBOスプーン
    11月初旬、宮崎の中央部を流れる一ツ瀬川の上流、西米良村に来ていた。ここは九州で…
  2. ヤマメ スプーン HOBO
    渓流シーズンが終わってしまった。 毎週末の早起きと深夜早朝のドライブも来年3月ま…
  3. スプーン ヤマメ
    「ウマいですね。」 行きがけに寄ったコンビニで明日の食糧と水分、今夜の肴を買っ…
  4. ヤマメ 胸鰭
    まだ10代の半ばだった頃読んだ筒井康隆氏の小説に書いてあった一節がずっと頭に残ってい…
  5. ヤマメ 原種 スプーン
    大学生になり、初めて親元を離れて関東で暮らすことになった。 元々、早く一人暮らしを…
  6. 「面白そうだけど、スプーンってよくわからないから教えてよ」 ルアーやるんですね、と話し始めてこ…
  7. 中禅寺湖 レイクトラウト スプーン
    朝早くから家庭行事に追われ、最後は地元の小さなお祭りに出掛ける。 ささやかで、ちい…
  8. 表裏の帯1(魚野川~湖山荘) 夢も出ない暗闇。ん、手首?誰かが握った・・・。 …
  9. 岩魚 山女魚 原種 DNA
    記録に残るような大物トラウト。 一生忘れることはない美しいトラウト。 私たち…
  10. 渓流 山女魚 スプーン バイト
    身体を悪くして随分時が過ぎた父親に話しかけた。 「ほら、小さい頃よく連れていっ…
ページ上部へ戻る