ネイティブ アップストリーム スプーニング

渓流 スプーン 山女魚最近、数年前と比べて渓流のヤマメがシンキングミノー(以下「ミノー」)にスレてきたなあ、と感じている。有名フィールドは特に。

山々 トラウトそれだけ、渓流ミノーイングがルアーアングラーに浸透してきた証拠なのかもしれない。

もう20年くらい前の話しだが、海でエバ(メッキ)のミノートゥイッチングに狂ったように通った時期があった。今でもよく見るダイワのドクターミノーだけで、港湾のテトラ周りでそれこそ1日100匹以上はザラだった。

エバはルアーのアクションにシビアな魚だ。いくら目の前にうじゃうじゃいても、アクションが違うと全く喰わない。楽しみながら随分鍛えられた。

渓流ミノーイングも基本はトゥイッチングだろう。自分の中では高速3拍子。エバで培ったアクションとそのアレンジでヤマメも沢山ミノーで釣った。

渓流 藤確かに、ミノーイングは楽しく、魅力的な釣りだ。ハイレベルな人はこれにドリフトでレンジコントロールを加えてボトム付近でツンツンとやってランカーサイズを仕留めたりもする。

ただ、何というか、もっと渓流釣りにふさわしい「趣(おもむき)」のようなものが欲しいとずっと思ってきた。

ガツガツしない、フライフィッシングの人たちのような、何か。

スプーン 山女魚 渓流そして最近のミノーに対するスレの進行。

最近はいつもではないがアップストリームでもスプーンをパイロットルアーにすることが多くなった。宮崎での人気フィールドである椎葉や五ヶ瀬や西米良でも確かな手応えを得つつある。場所によってはミノーよりもスプーンの方が結果が出たことも結構ある。

もしかすると稚拙なことかもしれないけど、今自分がやっていることを書いてみようと思う。

渓流 スプーン サトウオリジナル スミスまずタックル。

ロッドはアングロ&カンパニー、パラゴンの6.6ftを使っている。

渓流ミノーイングなら5.6ftあたりが標準だろうが、自分はちょっとした本流から渓流までこの1本でカバーしてる。

リールはダイワのセルテート2506H。

ラインはバリバスのベイトフィネス用0.4号。

リーダーはフロロの0.8号から1.5号を場所によって使い分けている。長さは大体60㎝くらいが好みだ。

 

そしてスプーン。

サトウオリジナルのアンサー。エバンスのハスルアー。アングロ&カンパニーのHOBOスプーン。スミスのピュア。重さは1.5gから3g前後まで。

フックはヤマメ特有の「カツッ」というショートバイトを極力捉えられるように細軸のループフックに変えている。ガマカツのTR-22や24の♯4~6をスプーンのサイズに合わせて使用している。

渓流 スプーン 流れを読むミノーは渓流というフィールドでオールマイティに使えるルアーだと思うが、スプーンをアップストリームで使うには多少ポイントが限定される。具体的に言うと、流れ込みの白泡まわりや比較的流れの速い場所など魅力的なフォーリングが自然に演出される場所。逆にトロ場や大きな淵などはミノーやスピナーに分があると思う。

キャストするのはミノーと同じ場所でいい。

山女魚 アイシャドウ スプーンレンジは、表層から順に下げていくようにしている。大体水面直下~20㎝のイメージからボトム近くまで。

トレースするコースは、ナチュラルドリフトを心がけるようにしているので、筋を横切らせるような動きはさせない。

流れの中をふわふわ漂わせるイメージで。

パラゴン 山女魚 スプーンキャスト後、トレースしたいレンジまで沈ませる。具体的にこのレンジまで、というのは感覚的な話しで実際どこまで沈んでいるのは分からない場合も多いが、この感覚が大事だと思う。

ただ、注意したいのはむやみに沈ませすぎないこと。

活性の高い個体はある程度まで食い上げてくる。ボトムは最後の最後だけにしないと逆にスレを進行させてしまうと感じている。
パラゴン 山女魚 バック・アンド・フォースアクションは、スプーンを流れに乗せながら軽く「ツン」、とロッドティップを持ち上げて、「フッ」と下げ、ラインスラックを巻き取る。この繰り返しで一定の層を上下にアクションさせながらドリフトさせる。

キモはロッドティップを素早く下げること。ゆっくり下げてしまうとスプーンにラインテンションがかかって、折角のフォーリングアクションがかき消されてしまう。

通常、ミノーイングだと、ロッドアクションやリーリングなどでラインを「引っ張る」ときにアクションを付けるものだが、アップストリームのスプーニングは極力ラインの抵抗がない無重力状態を演出する。

だから、この釣りをしてるときはなるべく流れの筋に対してキャストがクロスにならないように注意したりロッドティップを上げてラインが水流の影響を受けないようにしてアクションを行うようにしている。

そして、時折、速めのただ巻きを入れる。流れにもまれる昆虫が急に小魚に変化したようなイメージで。

水中 山女魚 スプーン面白いのは、やる気のある個体はミノーみたいに追尾するのではなく、食い上げてくることだ。

スプーンのヒラヒラ、キラキラを目で追っていると、突然、銀色の大きな光がUFOのように水中で湧き上がる。次の瞬間、「ガツッ」という硬質なバイトが手元に伝わる。この視覚的な感動は、体験してみないと分からないと思う。

他には、スプーンを食べたくてしょうがないおチビちゃんが、警戒しながらも何回も口を開けながら食い上げて直前でUターンを繰り返したことがある。最終的に手元まで寄ってきて、自分と目が合って、一瞬フリーズしてぷいと逃げていったが。

それは、春の日差しとも相まって、とても微笑ましい光景だった。

パラゴン トラウト アングラー 渓流ロッドは6ftくらいはあった方がこの釣りはやりやすい。まずミノーよりルアーが軽いから、ショートロッドだとキャスティングに難がある。

それに、ロッドの角度でラインメンディングを行ったりダウンクロスの釣りでU字ターンさせる際のトレースコースのコントロールもやりやすい。

実は何より、自分は大物狙いだ、という気分になれるメンタル面が一番良かったりするのだが。

パラゴン 山女魚 パーマークこの釣りを通して一つの目標がある。

県内のとある河川に絶対数は少ないが、60オーバーのネイティブレインボーが確実にいる場所がある。そこは、水深も川幅も小規模で、おそらくミノーだと釣りになりづらい場所。

ヤマメのシーズンが一段落したら、このメソッドでじっくりと挑戦してみるつもりだ。

 

ネイティブ アップストリーム スプーニング。

 

渓流スプーニングが今ひとつ、という方がいたらぜひ試していただきたい。

ミノーイングとは違ったヤマメ釣りの趣がきっと見えてくると思う。

 

松本 宏人

松本 宏人

投稿者プロフィール

生まれ:1970年
メインターゲット:トラウト
メインフィールド:湖
-メッセージ-
幼少の頃から様々なルアーフィッシングに親しむ。
物をなくすのは、単にだらしないだけではないかとの噂も。
宮崎市在住。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. ニジマス ベイトタックル ルアー
    詳しくはないが 釣りもキャンプもオールドの世界観が好きで、現代の機種と性能こそ劣るけれど、構…
  2. 御池 ニジマス スプーン トラウト
    最近、NHKを見ていたら興味深い番組があった。 自分は全く知らなかったのだが、…
  3. KAID ヒップバック
    毎年、正月を過ぎるとしばらくの間、仕事が多忙になってあまり釣りに行けなく…
  4. 御池 ニジマス スプーン
    あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 ちょっと長いで…
  5. 御池 アンサースプーン ニジマス
    「生粋の」とは正真正銘の、とか、混じり気のない、という意味だ。 そう言った意味で彼こそ…
  6. 渓流 スプーン ミノー 山女魚
    どこでその話をしたのだか、記憶は既に曖昧かつ朧気になっている。 それも当然だろうと思うほど、釣りに…
  7. ニジマス HOBOスプーン
    11月初旬、宮崎の中央部を流れる一ツ瀬川の上流、西米良村に来ていた。ここは九州で…
  8. ヤマメ スプーン HOBO
    渓流シーズンが終わってしまった。 毎週末の早起きと深夜早朝のドライブも来年3月ま…
  9. スプーン ヤマメ
    「ウマいですね。」 行きがけに寄ったコンビニで明日の食糧と水分、今夜の肴を買っ…
  10. ヤマメ 胸鰭
    まだ10代の半ばだった頃読んだ筒井康隆氏の小説に書いてあった一節がずっと頭に残ってい…
ページ上部へ戻る