ビター

 

随分と嫌われたものだ。今のところ負け続きだ。

あくまで自分の本命は御池のレインボーだから、最初は巷で騒がれてるランドロックサクラマス(厳密に言うと降海してないからサクラマスとは呼ばないのかもしれないが)とやらを、いっちょ釣ってやろう、くらいの軽い気持ちだった。

1回目こそその魚影の濃さに驚かされ、朝マヅメにライズするヤマメとはいえない大きさの白銀の魚体を見て、その日の内に40オーバーくらいは、と思っていた。ヤマメの延長線上だろ?くらいの気持ちで。

ダム湖

2回目は小さいヤマメに遊んでもらっただけで、イダの猛攻にあった。ひったくるようなバイトでジャンプまでした50㎝近いイダには、本気でサクラマスと勘違いさせられた。

イダ ウグイ

3回目は、幸運にもダムの近くに赴任した知り合いの家に押しかけ、釣りを教えるという口実で、夕マヅメと翌日の午前中粘った。サイズは物足りないが、優しい女神が尺上のヤマメをプレゼントしてくれた。ヒットルアーはシーレーベルのプロビア。自分は、ヤマメ、エバ(メッキ)、青物のミノーイングにはトゥイッチング、という先入観が強い。止水や海では特にそうだ。レインボーやバスが波動にバイトするイメージなのに対して、光の玉に食ってくるイメージ。

このプロビアを使って、びっくりした。スリムな形も関係しているのか、ロッドアクションによく追従してくれる。何より、ただ巻きだけで、ミノーのトゥイッチングに近いアクションをする。ボトムから規則的にリトリーブするのが有名なメソッドらしいが、中層をあまりポーズを入れずにリトリーブ主体で使うのも面白い。

いわゆる普通のスプーンをクランクベイトだとしたら、沈みの早いスリムミノーといったイメージ。思い通りに動かせる、使っていてうれしくなるスプーンだ。

リトリーブ

この日の1匹も30程カウントダウンして、比較的高速のステディリトリーブとロッドアクションを織り交ぜているいるときに食った。1回目のバイトは枝にあたったのかと思った。「ガ」という瞬間的な感触。

「ここにはストラクチャーはないはず。。」

ダム湖ヤマメ背中

次の一投。また同じ場所で、「ガ」。間違いない。これを逃したら、今日はやばい。一旦宗旨替えして、渓流ルアーマンなら誰でも知っている有名ミノーのロングリップタイプを選択し、しばらく時間をおいて、たっぷり沈めて、高速3拍子。トゥイッチング。が、全く反応がない。さらに数投繰り返すが、ない。

再び、さっきのプロビアに戻して、1投目。「ガツン」というバイトと小気味いい引きで湖の宝石は上がってきた。サイズは不満だが、ストーリーは満たされるものだった。

プロビア ヤマメ

 

ダム湖 ヤマメ

この時期は上流が本命ポイントらしいが、前の晩飲み過ぎて朝寝坊していた。午前中しか時間がないこの日、あきらめざるを得なかった。そして、この日の前日にその上流で52.5㎝を釣った人がいることを帰り道で知り合いから聞いて、何とも言えない気分になった。。

JINBEAM

そして、4回目。2日前に通過した台風8号の残響が轟く。初めてこの時期有望だと言われている上流に、1人でウイスキーを相棒にして朝を迎えたが、猛る激流になすすべもなかった。午後からダムに下ったが、満水状態かつセミの声響くぬるい、とろりとした止水からは何も答えは得られなかった。

ブラディア HOBOスプーン

1回目は5月末だったか。気がついたら結構な頻度で片道3時間半、約180㎞を走っていた。4月頭に買った新車の走行距離は3ヶ月で5,000㎞を超えていた。1ヶ月半くらいの間に、4回。結局、釣りに行ける日は全てこのハイランド釣行に費やしていた。

走行距離

気がついたら、どっぷりはまってた。次は会える。今度こそ会える。が、どうしても会いたい。に変化していった。

やっぱり、格好いい鱒には自分の心をわしづかみにする何かがある。

いつのまにか、押さえきれない憧憬が心でざわついている。

ダム湖夕暮れ

それに、あそこにはやっぱり特別なオーラがある。

人の罪とけがれはあまたあり、それぞれに心の闇やよどみを包含している。深山に降った雨粒は幾多のしかばねを豊かに腐らせながらも、岩や砂に濾過され、透き通る清水となり、生き物を潤す。山には甘美な死がある。それが浸みてきて、闇とよどみをほんの少し押し出してくれる。

あのハイランドは特に。

そして何より、人がつむぐストーリー。遺す想い。

一ひらの残像。

トラウトたちはそれらを彩るにふさわしい結晶だと思う。

ポイントまで歩く

 

松本 宏人

松本 宏人

投稿者プロフィール

生まれ:1970年
メインターゲット:トラウト
メインフィールド:湖
-メッセージ-
幼少の頃から様々なルアーフィッシングに親しむ。
物をなくすのは、単にだらしないだけではないかとの噂も。
宮崎市在住。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. ニジマス HOBOスプーン
    11月初旬、宮崎の中央部を流れる一ツ瀬川の上流、西米良村に来ていた。ここは九州で…
  2. ヤマメ スプーン HOBO
    渓流シーズンが終わってしまった。 毎週末の早起きと深夜早朝のドライブも来年3月ま…
  3. スプーン ヤマメ
    「ウマいですね。」 行きがけに寄ったコンビニで明日の食糧と水分、今夜の肴を買っ…
  4. ヤマメ 胸鰭
    まだ10代の半ばだった頃読んだ筒井康隆氏の小説に書いてあった一節がずっと頭に残ってい…
  5. ヤマメ 原種 スプーン
    大学生になり、初めて親元を離れて関東で暮らすことになった。 元々、早く一人暮らしを…
  6. 「面白そうだけど、スプーンってよくわからないから教えてよ」 ルアーやるんですね、と話し始めてこ…
  7. 中禅寺湖 レイクトラウト スプーン
    朝早くから家庭行事に追われ、最後は地元の小さなお祭りに出掛ける。 ささやかで、ちい…
  8. 表裏の帯1(魚野川~湖山荘) 夢も出ない暗闇。ん、手首?誰かが握った・・・。 …
  9. 岩魚 山女魚 原種 DNA
    記録に残るような大物トラウト。 一生忘れることはない美しいトラウト。 私たち…
  10. 渓流 山女魚 スプーン バイト
    身体を悪くして随分時が過ぎた父親に話しかけた。 「ほら、小さい頃よく連れていっ…
ページ上部へ戻る