再会~桃源郷への誘い

 

もう遥か、20年くらい前だろうか。

私が独身のころ年に1度はGTを求めて、トカラ列島の宝島に通っていた時代。

 

運悪く、台風に遭遇してしまった、宿泊はビーチでのキャンプ生活だったため、優しい島の方に、「危ないからうちにおいでよ。」と声をかけていただいた。遠慮という言葉を知らない当時の私は、即、お言葉に甘えた。

 

なんと、お邪魔してびっくり、これまでにしとめたGTの尾が軒下にずらり、みたこともない、ポッパーに圧倒。

今はもう、ルアーフィッシング界の世界のカリスマとなられている、とある方であった。

 

何から、何まで面倒みていただき、私の命の恩人といっても過言ではない。

お世話になっている間、関西から来ている知人がいるので、お酒を飲もうと尋ねて行った際、その知人の友人もまた、海外から宝島に来ているとのことで同席していた。

 

私は宮崎から持参した、100年の孤独を提供し、名詞なんぞを配っていた。

 

そして、20数年後、娘の幼稚園の同級生の宴会を、親交えて我が家で開催中、釣りの話になって宝島の話が出たとき、関西から移住されているという方が、突然、「そういえば、私が宝島に行ってたとき、宮崎から来ていた、方に100年の孤独を飲ませてもらいました、会社の名詞ももらってたんですけど、名前忘れました・・」。私は腰が抜けそうにビックらこいて、「そりゃ、私ですよー!!!」。なんて、嘘のような本当の話があるもんなんで人生て面白いもんですね。

 

そんなこんなで、意気投合して、今ではちょくちょく、釣りに同行しているのである。

今回はそんな彼が、近場の川の上流部の桃源郷にお連れいたしますとのことで、7月の下旬に釣行した。

 

須木村を抜け果てしない林道の峠を超え、渓谷が見えたときの感動は、それまでの睡魔とロングドライブの疲れを吹き飛ばしてくれる。ダムインレットからの上流域はまさに「リバーランズ スルーイット」を彷彿させる絶景の様相である。対岸にかかる橋を渡り、準備を開始した。

 

山にかかった霧が薄っすらと明け、闘争心を掻きたたせてくれる。

上流入渓した場所近辺のポイントを探ってみたが反応はなく、我々はダムのインレットを目指した。

ダム湖 インレットダムのインレットに到着し、準備を開始していたところ、目前でとてつもないバイトが確認された。

まさにモンスターを連想させるような、破壊音である。

すかさず、スミスのピュアを付近にキャストし、ボトムを丁寧に何度も探ってみたが、反応はみられない。そして、上流部への釣り上がりを開始した。

絶好の流れ込みポイントを探っても、ヤマメの反応はみられず、こんな方がたまに冷やかしてくれるのみ。

スプーン 雑魚全く反応がないため、少し上流域に車を走らせていると、鮎釣り師を見かけたので呼び止める。

今年は鮎もあまり良くないようである。

「ヤマメなら、もう少し上流がいいよ。」との助言を受け、少しばかり車を走らせつつ渓相を眺めながら昼食を頂き、少しばかり入渓した。

ヤマメ スプーン上流域では、ぽつぽつとヤマメの反応がみられ、漸く、友人のロッドを型の良いヤマメがしならせてくれる。

「ヤマメに会うことができたので、そろそろ引き上げますか。」

 

・・・桃源郷のモンスターは夢に崩れてしまった。

まあ、この素晴らしいフィールドに立てただけでも幸せなのかもしれない。

 

友人と語りながら林道を歩いていると、地元の漁師さんが話かけてくれる。毎年、40クラスは数匹網に掛かるらしいが、淵に潜んでいるため釣るのは無理らしい。

男はそこをなんとか誘い出して勝負するのである。

 

やはり、釣れない釣りにはロマンがある。

酒 スプーン

毎週の睡眠不足な釣行でとうとう病に倒れ、台風の影響もあって、こいつをつまみに執筆しております。

 

すぅじぃ

すぅじぃ

投稿者プロフィール

生まれ:1963年
メインターゲット:サクラマス
メインフィールド:耳川(宮崎県)
-メッセージ-
さまざまな釣りをこよなく愛し、人生のテーマを50オーバーのサクラマスに設定した歳の割には意外とアクティブなアングラー。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. ニジマス HOBOスプーン
    11月初旬、宮崎の中央部を流れる一ツ瀬川の上流、西米良村に来ていた。ここは九州で…
  2. ヤマメ スプーン HOBO
    渓流シーズンが終わってしまった。 毎週末の早起きと深夜早朝のドライブも来年3月ま…
  3. スプーン ヤマメ
    「ウマいですね。」 行きがけに寄ったコンビニで明日の食糧と水分、今夜の肴を買っ…
  4. ヤマメ 胸鰭
    まだ10代の半ばだった頃読んだ筒井康隆氏の小説に書いてあった一節がずっと頭に残ってい…
  5. ヤマメ 原種 スプーン
    大学生になり、初めて親元を離れて関東で暮らすことになった。 元々、早く一人暮らしを…
  6. 「面白そうだけど、スプーンってよくわからないから教えてよ」 ルアーやるんですね、と話し始めてこ…
  7. 中禅寺湖 レイクトラウト スプーン
    朝早くから家庭行事に追われ、最後は地元の小さなお祭りに出掛ける。 ささやかで、ちい…
  8. 表裏の帯1(魚野川~湖山荘) 夢も出ない暗闇。ん、手首?誰かが握った・・・。 …
  9. 岩魚 山女魚 原種 DNA
    記録に残るような大物トラウト。 一生忘れることはない美しいトラウト。 私たち…
  10. 渓流 山女魚 スプーン バイト
    身体を悪くして随分時が過ぎた父親に話しかけた。 「ほら、小さい頃よく連れていっ…
ページ上部へ戻る