再会~桃源郷への誘い

 

もう遥か、20年くらい前だろうか。

私が独身のころ年に1度はGTを求めて、トカラ列島の宝島に通っていた時代。

 

運悪く、台風に遭遇してしまった、宿泊はビーチでのキャンプ生活だったため、優しい島の方に、「危ないからうちにおいでよ。」と声をかけていただいた。遠慮という言葉を知らない当時の私は、即、お言葉に甘えた。

 

なんと、お邪魔してびっくり、これまでにしとめたGTの尾が軒下にずらり、みたこともない、ポッパーに圧倒。

今はもう、ルアーフィッシング界の世界のカリスマとなられている、とある方であった。

 

何から、何まで面倒みていただき、私の命の恩人といっても過言ではない。

お世話になっている間、関西から来ている知人がいるので、お酒を飲もうと尋ねて行った際、その知人の友人もまた、海外から宝島に来ているとのことで同席していた。

 

私は宮崎から持参した、100年の孤独を提供し、名詞なんぞを配っていた。

 

そして、20数年後、娘の幼稚園の同級生の宴会を、親交えて我が家で開催中、釣りの話になって宝島の話が出たとき、関西から移住されているという方が、突然、「そういえば、私が宝島に行ってたとき、宮崎から来ていた、方に100年の孤独を飲ませてもらいました、会社の名詞ももらってたんですけど、名前忘れました・・」。私は腰が抜けそうにビックらこいて、「そりゃ、私ですよー!!!」。なんて、嘘のような本当の話があるもんなんで人生て面白いもんですね。

 

そんなこんなで、意気投合して、今ではちょくちょく、釣りに同行しているのである。

今回はそんな彼が、近場の川の上流部の桃源郷にお連れいたしますとのことで、7月の下旬に釣行した。

 

須木村を抜け果てしない林道の峠を超え、渓谷が見えたときの感動は、それまでの睡魔とロングドライブの疲れを吹き飛ばしてくれる。ダムインレットからの上流域はまさに「リバーランズ スルーイット」を彷彿させる絶景の様相である。対岸にかかる橋を渡り、準備を開始した。

 

山にかかった霧が薄っすらと明け、闘争心を掻きたたせてくれる。

上流入渓した場所近辺のポイントを探ってみたが反応はなく、我々はダムのインレットを目指した。

ダム湖 インレットダムのインレットに到着し、準備を開始していたところ、目前でとてつもないバイトが確認された。

まさにモンスターを連想させるような、破壊音である。

すかさず、スミスのピュアを付近にキャストし、ボトムを丁寧に何度も探ってみたが、反応はみられない。そして、上流部への釣り上がりを開始した。

絶好の流れ込みポイントを探っても、ヤマメの反応はみられず、こんな方がたまに冷やかしてくれるのみ。

スプーン 雑魚全く反応がないため、少し上流域に車を走らせていると、鮎釣り師を見かけたので呼び止める。

今年は鮎もあまり良くないようである。

「ヤマメなら、もう少し上流がいいよ。」との助言を受け、少しばかり車を走らせつつ渓相を眺めながら昼食を頂き、少しばかり入渓した。

ヤマメ スプーン上流域では、ぽつぽつとヤマメの反応がみられ、漸く、友人のロッドを型の良いヤマメがしならせてくれる。

「ヤマメに会うことができたので、そろそろ引き上げますか。」

 

・・・桃源郷のモンスターは夢に崩れてしまった。

まあ、この素晴らしいフィールドに立てただけでも幸せなのかもしれない。

 

友人と語りながら林道を歩いていると、地元の漁師さんが話かけてくれる。毎年、40クラスは数匹網に掛かるらしいが、淵に潜んでいるため釣るのは無理らしい。

男はそこをなんとか誘い出して勝負するのである。

 

やはり、釣れない釣りにはロマンがある。

酒 スプーン

毎週の睡眠不足な釣行でとうとう病に倒れ、台風の影響もあって、こいつをつまみに執筆しております。

 

すぅじぃ

すぅじぃ

投稿者プロフィール

生まれ:1963年
メインターゲット:サクラマス
メインフィールド:耳川(宮崎県)
-メッセージ-
さまざまな釣りをこよなく愛し、人生のテーマを50オーバーのサクラマスに設定した歳の割には意外とアクティブなアングラー。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今にも地上に落ちてきそうな灰色の雲の下、ひたすらに続く林道をガタゴトガタゴトと進む。 それがど…
  2. ”ゴオゥ・・・ゴオゥ・・・” 不規則に、でも何かの意図があるかのように稜線に吹き上がってくる素…
  3. 「おい。今度サトーセージ氏が宮崎来るんだけど、一緒に呑み行くか?」 そう声を掛けられたのは2月…
  4. ヤマメ 原種 調査
    https://www.youtube.com/watch?v=yxnsl4E8ea4 ”Je…
  5. ジョー ヘンダーソン
    https://www.youtube.com/watch?v=xwRbcb4ADjY もうずいぶ…
  6. トラウトタックル
    強い思い出というものは、心の中で熟成されるまでは言葉に表さない方がよい。 何回も何回も…
  7. 椎葉ダム ヤマメ テッペンスプーン
    「おめでとう!よくやったね!!」 満面の笑みでそう声をかけられ、僕は松本さんと固く握手を交わした。…
  8. ニジマス ベイトタックル ルアー
    詳しくはないが 釣りもキャンプもオールドの世界観が好きで、現代の機種と性能こそ劣るけれど、構…
  9. 御池 ニジマス スプーン トラウト
    最近、NHKを見ていたら興味深い番組があった。 自分は全く知らなかったのだが、…
  10. KAID ヒップバック
    毎年、正月を過ぎるとしばらくの間、仕事が多忙になってあまり釣りに行けなく…
ページ上部へ戻る