止水(湖・沼・海等)フォーリング

 

スプーンのフォーリング

スプーンというルアーは、キャスト後、必ず沈みます。時には、キャスト直後に表層をリトリーブするためにリーリングを始めることも あるでしょうが、大抵の場合、特に自然のフィールドではある程度沈めてからリト リーブすることが多いでしょう。

ここでは、フォーリングを大きく2つに分けて、その違いと主な使い方を解説します。

① フリーフォール

フリーフォールとは、キャスト後、リールのベールをキャストした時の状態のまま、ラインを放出しながら、スプーンを沈ませることをいいます。

カージナル フリーフォール

フリーフォールは、ルアーの沈みが早い(exボトムを取るまでの時間が短くて済む)という特徴がありますが、反面、ラインがたわんだ状態のままスプーンが垂直に 近いイメージで沈んでいきますので、このことを理解した上でフォールさせると、よ り水中のイメージがしやすくなります。

バッセル フリーフォール

 フリーフォールのイメージ①(ラインがたわんだ状態でスプーンがフォールしていく)

トビー フリーフォール

 フリーフォールのイメージ②(ラインは途中から急角度で沈んでいく)

具体的に言うと、例えば、ボトム着底後、アングラーがボトム付近をリトリーブするつもりで一定のスピードでリーリングしても、ラインの浮力により、自然と水面に向かって泳いでいるイメージになります。

この傾向は、ナイロンやフロロより浮力の強いPEラインを使用するとより顕著になります。

しかし、垂直に近いイメージでスプーンが上昇していくことを利用して、トゥイッチや、ジャークを入れながらリトリーブすれば、より広範囲の魚にスプーンの存在をアピールできます。

② カーブフォール

カーブフォールとは、キャスト後、リールのベールを返した状態で、ラインテンションをかけながら、スプーンを沈ませることをいいます。

カージナル テンションフォール

カーブフォールは、ラインがテンションを保ったままスプーンが手前に向かって扇状にフォールするイメージになります。特に、水深があるポイントの場合、フォールに時間がかかります。

バッセル テンションフォール

 カーブフォールのイメージ①(ラインがテンションを保った状態でスプーンがフォールしていく)

トビー テンションフォール

カーブフォールのイメージ②(ラインは一直線に近い状態で沈んでいく)

しかし、リトリーブを開始する時点からラインにテンションがかかっていますので、一定の層をじっくりと狙いたいときには、このフォールが向いています。

どちらのフォールにせよ、カウントダウンしながら探ることで手がかりのあるレンジ(ex バイトがあったレンジ リトリーブの際、スプーンの重みが変化するレンジ 等)を把握しながら釣りをすると、よりゲーム性が高くなります。

お試しください。

 

撮影協力:EightWorks

EightWorks-logo

松本 宏人

松本 宏人

投稿者プロフィール

生まれ:1970年
メインターゲット:トラウト
メインフィールド:湖
-メッセージ-
幼少の頃から様々なルアーフィッシングに親しむ。
物をなくすのは、単にだらしないだけではないかとの噂も。
宮崎市在住。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. ”ゴオゥ・・・ゴオゥ・・・” 不規則に、でも何かの意図があるかのように稜線に吹き上がってくる素…
  2. 「おい。今度サトーセージ氏が宮崎来るんだけど、一緒に呑み行くか?」 そう声を掛けられたのは2月…
  3. ヤマメ 原種 調査
    https://www.youtube.com/watch?v=yxnsl4E8ea4 ”Je…
  4. ジョー ヘンダーソン
    https://www.youtube.com/watch?v=xwRbcb4ADjY もうずいぶ…
  5. トラウトタックル
    強い思い出というものは、心の中で熟成されるまでは言葉に表さない方がよい。 何回も何回も…
  6. 椎葉ダム ヤマメ テッペンスプーン
    「おめでとう!よくやったね!!」 満面の笑みでそう声をかけられ、僕は松本さんと固く握手を交わした。…
  7. ニジマス ベイトタックル ルアー
    詳しくはないが 釣りもキャンプもオールドの世界観が好きで、現代の機種と性能こそ劣るけれど、構…
  8. 御池 ニジマス スプーン トラウト
    最近、NHKを見ていたら興味深い番組があった。 自分は全く知らなかったのだが、…
  9. KAID ヒップバック
    毎年、正月を過ぎるとしばらくの間、仕事が多忙になってあまり釣りに行けなく…
  10. 御池 ニジマス スプーン
    あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 ちょっと長いで…
ページ上部へ戻る