止水(湖・沼・海等)フォーリング

 

スプーンのフォーリング

スプーンというルアーは、キャスト後、必ず沈みます。時には、キャスト直後に表層をリトリーブするためにリーリングを始めることも あるでしょうが、大抵の場合、特に自然のフィールドではある程度沈めてからリト リーブすることが多いでしょう。

ここでは、フォーリングを大きく2つに分けて、その違いと主な使い方を解説します。

① フリーフォール

フリーフォールとは、キャスト後、リールのベールをキャストした時の状態のまま、ラインを放出しながら、スプーンを沈ませることをいいます。

カージナル フリーフォール

フリーフォールは、ルアーの沈みが早い(exボトムを取るまでの時間が短くて済む)という特徴がありますが、反面、ラインがたわんだ状態のままスプーンが垂直に 近いイメージで沈んでいきますので、このことを理解した上でフォールさせると、よ り水中のイメージがしやすくなります。

バッセル フリーフォール

 フリーフォールのイメージ①(ラインがたわんだ状態でスプーンがフォールしていく)

トビー フリーフォール

 フリーフォールのイメージ②(ラインは途中から急角度で沈んでいく)

具体的に言うと、例えば、ボトム着底後、アングラーがボトム付近をリトリーブするつもりで一定のスピードでリーリングしても、ラインの浮力により、自然と水面に向かって泳いでいるイメージになります。

この傾向は、ナイロンやフロロより浮力の強いPEラインを使用するとより顕著になります。

しかし、垂直に近いイメージでスプーンが上昇していくことを利用して、トゥイッチや、ジャークを入れながらリトリーブすれば、より広範囲の魚にスプーンの存在をアピールできます。

② カーブフォール

カーブフォールとは、キャスト後、リールのベールを返した状態で、ラインテンションをかけながら、スプーンを沈ませることをいいます。

カージナル テンションフォール

カーブフォールは、ラインがテンションを保ったままスプーンが手前に向かって扇状にフォールするイメージになります。特に、水深があるポイントの場合、フォールに時間がかかります。

バッセル テンションフォール

 カーブフォールのイメージ①(ラインがテンションを保った状態でスプーンがフォールしていく)

トビー テンションフォール

カーブフォールのイメージ②(ラインは一直線に近い状態で沈んでいく)

しかし、リトリーブを開始する時点からラインにテンションがかかっていますので、一定の層をじっくりと狙いたいときには、このフォールが向いています。

どちらのフォールにせよ、カウントダウンしながら探ることで手がかりのあるレンジ(ex バイトがあったレンジ リトリーブの際、スプーンの重みが変化するレンジ 等)を把握しながら釣りをすると、よりゲーム性が高くなります。

お試しください。

 

撮影協力:EightWorks

EightWorks-logo

松本 宏人

松本 宏人

投稿者プロフィール

生まれ:1970年
メインターゲット:トラウト
メインフィールド:湖
-メッセージ-
幼少の頃から様々なルアーフィッシングに親しむ。
物をなくすのは、単にだらしないだけではないかとの噂も。
宮崎市在住。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. ニジマス HOBOスプーン
    11月初旬、宮崎の中央部を流れる一ツ瀬川の上流、西米良村に来ていた。ここは九州で…
  2. ヤマメ スプーン HOBO
    渓流シーズンが終わってしまった。 毎週末の早起きと深夜早朝のドライブも来年3月ま…
  3. スプーン ヤマメ
    「ウマいですね。」 行きがけに寄ったコンビニで明日の食糧と水分、今夜の肴を買っ…
  4. ヤマメ 胸鰭
    まだ10代の半ばだった頃読んだ筒井康隆氏の小説に書いてあった一節がずっと頭に残ってい…
  5. ヤマメ 原種 スプーン
    大学生になり、初めて親元を離れて関東で暮らすことになった。 元々、早く一人暮らしを…
  6. 「面白そうだけど、スプーンってよくわからないから教えてよ」 ルアーやるんですね、と話し始めてこ…
  7. 中禅寺湖 レイクトラウト スプーン
    朝早くから家庭行事に追われ、最後は地元の小さなお祭りに出掛ける。 ささやかで、ちい…
  8. 表裏の帯1(魚野川~湖山荘) 夢も出ない暗闇。ん、手首?誰かが握った・・・。 …
  9. 岩魚 山女魚 原種 DNA
    記録に残るような大物トラウト。 一生忘れることはない美しいトラウト。 私たち…
  10. 渓流 山女魚 スプーン バイト
    身体を悪くして随分時が過ぎた父親に話しかけた。 「ほら、小さい頃よく連れていっ…
ページ上部へ戻る