永遠のSUMMIT

TailSwing企画のSpoon Summitも今年で3度目となる。
昨年はノーフィッシュのため、表彰が今年持ち越しとなり、俄然気合がはいる。
しかし、気になるのはフィールドとなる神の池近隣の噴火騒動である。

果たして、かの状況下で神の鱒がどこかのSpoonにくらいついてくれるのであろうか。

スプーン

この大会には、いつも一斉にお会いできない鱒に取り憑かれた仲間に会えるのが、最大の楽しみである。

この仲間たちの中にいると、ほんとうに自分はまじめな人間なんだという錯覚に陥るくらい、おバカな集団である。

そして、なんと今回は噂に聞いていた、あの皆川様が参加され、初めての夜の懇親会付きということで、私は夜の懇親会の総料理長をかってでた。素材のいいものがそろえば、料理なんて、きったはったでなんとかなるものである。

青島地獲れハタ、内海赤灯台の煽り、そしてなんと宮崎フーズからの馬刺しはじめスペシャルお肉の提供があるため、恐れることはない。

マンデリンG1 自家焙煎

大会前夜、マンデリンG1を青島ローストに自家焙煎し準備完了。後は、私が2年越しの鱒を仕留めるだけである。

食材、調理機器、調味料を片っ端に車に叩き込みいざ出陣。道具が半端ないので、ちょっぴり遅刻したのはゴメンナナイ。
アクセル全開で会場に着くも、大会の気配無し…一瞬日程を間違えたのかと、冷や汗かいた。

なんと、集合場所を確認していなかったのでした。ようやく開会式場所たどりつき、簡単な自己紹介。

さらになんと、福岡、熊本からも参加されており、鱒にかける情熱に感銘を受けたのであります。

御池 タックル

いよいよ、大会の火ぶたは切っておろされた。近くで1投目からバラシがあったとの情報がはいり、テンションがあがったものの、記憶に残っているいるシーンは神の湖を背景にカップ麺を頂いたことくらいであった。

あと、豪快な著名釣り具店主の豪快なイビキ…。

料理

そして、お待ちかねの夜の懇親会の開催。

3度の飯より、料理が好きな私には宴会料理を造るのはたまらない。

ましてや、「うまーい」とか言って頂くと、釣れた魚より嬉しいのかもしれない。

宮崎 ハタアクアパッツァ自家作成のジグで仕留めたハタのアクアパッツア。

自家製 ベーコン

そして、出汁をスージーベーコンのパスタで頂くと、なかなかおつなもんです。私の大好きな一品でございます。

しいたけ 原木

今回、博多からもつ鍋職人さんが参加されるとのことで、本場の仕込みを習得しようと楽しみにしていたのだが、急遽参加できなくなり、非常に残念であった。せっかく、だしのどんこも原木で育てて、持参していたのですが…。

初対面の方々とも、ただ、釣りという一つの共通点のみで、集い、飲み、語り、笑い最高の一夜となった。

皆川さんの、津留崎さんと対馬シバスを開拓された話や、魚矢さんの、シマアジウィリーの話。そしてなんと、ケイ門丸で一度だけお会いしたことがある、松田さんの奥様ともお話ができたこと。

これらは、私の一生の宝物となった。

皆川哲

皆川さんは音楽もかなりお好きなようで、ブエナビスタ・S・CLUBで盛り上がったのは最高でした。演奏できるよう、こちらもがんばります。

地鶏炭火焼きにて、火災騒動起こしたことをお詫び申し上げて、締めの挨拶とさせていただきます。
(BGMがCandelaだったら最高だったのに。)

謝辞

本大会を企画、運営して頂きました、TailSwing一同の皆さまに感謝申し上げます。

 

すぅじぃ

すぅじぃ

投稿者プロフィール

生まれ:1963年
メインターゲット:サクラマス
メインフィールド:耳川(宮崎県)
-メッセージ-
さまざまな釣りをこよなく愛し、人生のテーマを50オーバーのサクラマスに設定した歳の割には意外とアクティブなアングラー。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. ジョー ヘンダーソン
    https://www.youtube.com/watch?v=xwRbcb4ADjY もうずいぶ…
  2. トラウトタックル
    強い思い出というものは、心の中で熟成されるまでは言葉に表さない方がよい。 何回も何回も…
  3. 椎葉ダム ヤマメ テッペンスプーン
    「おめでとう!よくやったね!!」 満面の笑みでそう声をかけられ、僕は松本さんと固く握手を交わした。…
  4. ニジマス ベイトタックル ルアー
    詳しくはないが 釣りもキャンプもオールドの世界観が好きで、現代の機種と性能こそ劣るけれど、構…
  5. 御池 ニジマス スプーン トラウト
    最近、NHKを見ていたら興味深い番組があった。 自分は全く知らなかったのだが、…
  6. KAID ヒップバック
    毎年、正月を過ぎるとしばらくの間、仕事が多忙になってあまり釣りに行けなく…
  7. 御池 ニジマス スプーン
    あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 ちょっと長いで…
  8. 御池 アンサースプーン ニジマス
    「生粋の」とは正真正銘の、とか、混じり気のない、という意味だ。 そう言った意味で彼こそ…
  9. 渓流 スプーン ミノー 山女魚
    どこでその話をしたのだか、記憶は既に曖昧かつ朧気になっている。 それも当然だろうと思うほど、釣りに…
  10. ニジマス HOBOスプーン
    11月初旬、宮崎の中央部を流れる一ツ瀬川の上流、西米良村に来ていた。ここは九州で…
ページ上部へ戻る