祭りの余韻と

渓流 岩 苔

 

3月1日がやってきた、9月から半年。もう何年も欠かさない祭りの日。

 

今年は特別な思いがあった。

 

このTailSwingを立ち上げたのが去年の5月23日、やっと来た初解禁日。

そして、今年は個人的にも様々なものが消え、生まれている過渡期であり、複雑な心境になりながらも前を向く心構えができたと感じている。

 

だから、生まれて初めて山女に出会った場所がいい。

解禁前に「どこ行く?」と聞かれた時、そんなことが浮かんできた。

 

渓流 悪路

 

比較的距離の近いその場所は、知っている場所の中で一番行き難い。

道は劣悪、下手をすれば道がないかもしれない。そんな場所、よくもまあ初心者を連れて行ってくれたと思う。

 

当時は普通車で車高も低い、今になれば笑い話だが離合もできない、Uターンもできない。唯一できることは、落石を毎回どけつつ、車底を土や草や石で擦りながら「全然大丈夫ですよ」と開き直ることだった。

 

渓流 アングラー トラウト

 

そんな場所、初の渓流、初の山女。

思い込みがあった、トラウトにはスプーンがいい と。

 

小さな頃に見ていた雑誌のページなのか、ビデオなのか、たまたま見かけた釣り番組なのかは覚えていないが。美しいトラウトの口にぶら下がるシングルフックのスプーン。

 

おそらく、自分の原点。

 

使い方もわからない、ルアー経験は黒鱒とソルトぐらい。岩の隙間を縫うようにフルキャストでダウンに放り込んだ。浮き上がらないようにして巻くだけ、小さな違和感、ファイトもなく、ほんの少しの生命感。それは10cmにも満たない山女。

 

ただただ、関心した。やっぱり釣れるのか、こんなもので。

自分が投げておきながら、勝手なものだけれど、魚の美しさにしばらく見とれていた。

 

雨 山 雫

 

夜中から降り続く雨、午後からは止んでくれると予報にはあったが、かなりの悪路に雨というのは道の心配ではなく、こちらの命の心配もあった。

 

まあ、いい。行ってみよう。

 

待ち合わせたのは同行者の自宅、ところが姿はなく、電気もついていない。電話にも出ない。

30分待って、1人で出発した。

 

トラウト トンネル

 

結局は途中で合流したのだが、ひとり運転しながら、回想にふける。

のんびりやろう、あそこなら釣れる。お土産を数匹確保したらダムに下り、浪漫を追う。

それが解禁日のプラン。

 

渓流 増水 トラウト

 

そのプランは叩きのめされた。

後からわかったけれど、雨の影響か濁りが入り、それが最悪な状況だったようだ。

この場所まで来て、チェイスすらない・・・。

 

ジムニー 渓流 山女

 

まずい、初めての渓流から解禁日はそこそこの数も、サイズも釣ってきたのだ。それが今年になって0匹などあってはならない。

 

早々に思い出の地を去り、ダムより下流のポイントへ。

それでも、心の何処かで「これもいいのかな」と感じる自分もいた。

 

山女 パーマーク スプーン

 

比較的水色のクリアなポイントに入る。そのスプーンをヒラヒラと流れに乗せ、魅せ切った後のU字に軽いアクションを、小さな山女が緩く、早く、卷きつつ流れる水と、動かぬ岩と底色に隠れながら、いきなり食い上げてくれた。

 

釣れなかった時間からの1匹。控え目な、水とパーマーク、安堵の時。はじめて釣ったあの時の感動と似た、けれど少し違う。心をほどいてくれる魚。

 

もうこれで満足してしまった。

 

煙草に火をつける、開高健の、あの文章が浮かぶ

魚釣りのすべては最初の一匹にある。一匹釣ったらそれでいいのだ。
魚の大小にかかわらず最初の一匹に全容があるのだ。
その戦慄も、その忘我も。

数を釣ってよろこぶのは幼稚である。

 

いいとか、悪いとか、そんなことではない。1つの真理ではないだろうか。

 

渓流 山女

 

その後、同行者と数本プラスし、移動する時間を気にしながら3つほどの川を足早に、期待と絶望を繰り返しながら釣り歩いた。

 

結局、釣果はこれまでの解禁日で一番悪い。

別な水系に行った仲間からは、驚くような釣果の連絡があった。素直に嬉しく、喜べた。

 

渓流 山女 スプーン

 

祭りは終わり、今年もトラウトの時期が来た。

 

その景色に、魚に、自分に、会いに行こう。

 

 

藤井政幸

藤井政幸TailSwing運営代表

投稿者プロフィール

渓流~海までどこでもスプーンを投げる。
-メッセージ-
このサイトを通じて色々な方と繋がれたら幸せです。
ご連絡、メッセージお待ちしてます。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. ニジマス HOBOスプーン
    11月初旬、宮崎の中央部を流れる一ツ瀬川の上流、西米良村に来ていた。ここは九州で…
  2. ヤマメ スプーン HOBO
    渓流シーズンが終わってしまった。 毎週末の早起きと深夜早朝のドライブも来年3月ま…
  3. スプーン ヤマメ
    「ウマいですね。」 行きがけに寄ったコンビニで明日の食糧と水分、今夜の肴を買っ…
  4. ヤマメ 胸鰭
    まだ10代の半ばだった頃読んだ筒井康隆氏の小説に書いてあった一節がずっと頭に残ってい…
  5. ヤマメ 原種 スプーン
    大学生になり、初めて親元を離れて関東で暮らすことになった。 元々、早く一人暮らしを…
  6. 「面白そうだけど、スプーンってよくわからないから教えてよ」 ルアーやるんですね、と話し始めてこ…
  7. 中禅寺湖 レイクトラウト スプーン
    朝早くから家庭行事に追われ、最後は地元の小さなお祭りに出掛ける。 ささやかで、ちい…
  8. 表裏の帯1(魚野川~湖山荘) 夢も出ない暗闇。ん、手首?誰かが握った・・・。 …
  9. 岩魚 山女魚 原種 DNA
    記録に残るような大物トラウト。 一生忘れることはない美しいトラウト。 私たち…
  10. 渓流 山女魚 スプーン バイト
    身体を悪くして随分時が過ぎた父親に話しかけた。 「ほら、小さい頃よく連れていっ…
ページ上部へ戻る