舞い上がるハイランド

ダム湖と男

ひたすらに空が近い。甘く、濃密な空気に全身の細胞がふるえる。

九州の背骨にほど近い奥地なのに、この賑やかで、華やかな雰囲気はなんだろう。まるで海外の観光地を訪れたときのような感覚。何度も、何度も、不思議なデジャヴを感じている。目が澄んでいく。

ダム湖

完全に道に迷っていた。2時間以上、釣りをすることなく車を走らせてしまった。でも、そのおかげで忘れられない体験をもらった。

初めて訪れるダム湖。ランドロックサクラマスが有名な場所。

スピードメーター 橋

ふと、思い立って行くことにした。夜中の1時に家を出る。朝マヅメからやってみたい。夜中の山道は、正直気分のいいものではない。この日はマイルス デイビスの遺作が運転を奮い立たせてくれた。深い深い闇を繊細に切り裂くようにうめくトランペットと無機質なビート。助手席の藤井くんは例によって熟睡している。

トンネル内

峠の山道を下りに入り、あと10数キロの地点で、助手席の相棒を起こす。だいぶ疲れていた。

ナビに入れた目的地であるダムサイトに着く頃には、うっすらと空が白んでいた。

ヤマメ ライズ

車を降り、初めて訪れる湖を見る。すると、まるでエバか青物のそれのようにヤマメがボイルしている。こんなのは初めて見た。ライズ音からサクラマスと呼んでもいいようなサイズもいるようだ。

「すごいね。。」「ほんとですね。。」

急深なポイントのため、スプーンを若干バーチカル気味にアクションさせる。透明度が高い。湖底からわらわらとヤマメの群れが上がってくるのが見える。なんという魚の量だろう。

ヤマメ スプーン

ここまで来たんだ。やっぱり、せめて、40オーバーが欲しい。ここでは関東で流行しているらしいロデオクラフトのMTレイクスを主に使っていた。サイズは16グラム。小物を避けて釣るためのサイズだったが、それでもヤマメが先に釣れてしまう。

湖 鏡面

 

スプーンセレクト

そんなこんなしてる内にすっかり魚がスレてしまった。沈黙の時間がしばらく続いた。「移動しよう。」と声を掛け、このポイントを離れる。今日はきっといい日になる。全く疑いはなかった。

ところが、だ。この日この湖は満水状態だった。何ということか。釣り座が、ない。移動を繰り返しては、何度も何度も車を降りて湖面をのぞき込む。

「どう?」「全然ダメっす。ガケです。ガケ。」

途中で鑑札を買って、お店の人に様子を聞くと数キロ上の渓流部のことを言う。うーん。そうじゃない。湖で釣りたいんだ。

結局、まともな場所にたどり着けないまま上流のインレット部まで来てしまった。

ここにはスロープがあって、十分スペースがあるが、浅く、この日は全く魚っけがない。見るからにトラウトアングラーだとわかる初老の方がちょうどアルミボートから降りてきた。タックルボックスには東京の老舗プロショップのロゴが踊り、小さな魚群探知機も見える。車は福岡ナンバー。筋金入りとはこのこと。

「どうですかぁ?」

「ダメダメ。昨日も今日もやったけどね、全然ダメ。」

「連敗だよ。2連敗。」

屈託ない笑顔でおっしゃる。・・・何だか雲行きが怪しくなってきた。

しかし、このインレットが素晴らしく美しい。標高が高いだけではないと思う。水が澄んでるだけでもない。ちょっと、他とは違う。釣れないとは分かってても、しばらく眺めながらキャストした。

倒木

 

キャスト

もう行くところは大きい道路の対岸しかない。ナビで見る限りは、曲がりくねっているが、水際まで接近しているところはある。初めての湖だ。行ってみることにした。が、だ。この道が曲者だった。蛇行しながらどんどん山の上の方へ向かっていく。舗装はしてあるものの、道が狭いうえに、路肩が崩れているところ、大きな落石があるところ、ガードレールがないところも、、、危ない。

運転は藤井君に変わってもらって、助手席を倒し、雲と周りの新緑を眺める。窓を全開にして、空気を吸う。段々とデジャヴが訪れる。

上からダム湖を眺める

ここは、平家の落人伝説の残る村。そんな刷り込みのせいではないと思うが、不思議と山を登るにつれ、賑やかさを感じる。華やかさを感じる。疲れが取れていく。国土地理院のサイトを確認したら、1,000㍍近くまで登っていたようだ。本当に、こんな感覚は初めてだった。

結局、夕方までかけて、キレイにダムを一周してしまった。午後から、ヤマメは数匹釣れたが、結局サクラは咲かなかった。

 

帰り。いつも見る宮崎市内のなんてことないネオンがまるでラスベガスのように華やかに見える。これが自分だけじゃなく、藤井君も同じ感覚だった。全くもって不思議で、幸せな体験だった。

また、近いうちに会いに行こう。あのハイランドの住人たちに。

 

松本 宏人

松本 宏人

投稿者プロフィール

生まれ:1970年
メインターゲット:トラウト
メインフィールド:湖
-メッセージ-
幼少の頃から様々なルアーフィッシングに親しむ。
物をなくすのは、単にだらしないだけではないかとの噂も。
宮崎市在住。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. ニジマス HOBOスプーン
    11月初旬、宮崎の中央部を流れる一ツ瀬川の上流、西米良村に来ていた。ここは九州で…
  2. ヤマメ スプーン HOBO
    渓流シーズンが終わってしまった。 毎週末の早起きと深夜早朝のドライブも来年3月ま…
  3. スプーン ヤマメ
    「ウマいですね。」 行きがけに寄ったコンビニで明日の食糧と水分、今夜の肴を買っ…
  4. ヤマメ 胸鰭
    まだ10代の半ばだった頃読んだ筒井康隆氏の小説に書いてあった一節がずっと頭に残ってい…
  5. ヤマメ 原種 スプーン
    大学生になり、初めて親元を離れて関東で暮らすことになった。 元々、早く一人暮らしを…
  6. 「面白そうだけど、スプーンってよくわからないから教えてよ」 ルアーやるんですね、と話し始めてこ…
  7. 中禅寺湖 レイクトラウト スプーン
    朝早くから家庭行事に追われ、最後は地元の小さなお祭りに出掛ける。 ささやかで、ちい…
  8. 表裏の帯1(魚野川~湖山荘) 夢も出ない暗闇。ん、手首?誰かが握った・・・。 …
  9. 岩魚 山女魚 原種 DNA
    記録に残るような大物トラウト。 一生忘れることはない美しいトラウト。 私たち…
  10. 渓流 山女魚 スプーン バイト
    身体を悪くして随分時が過ぎた父親に話しかけた。 「ほら、小さい頃よく連れていっ…
ページ上部へ戻る