Into the Light

 

淵 山女魚 アングラー

 

「人が作ったものは、年月とともに朽ち果てていきますが、自然が創ったものは年月を経るにつれ、ますます美しくなります。それが大きな違いです。」

 

本流 山女魚 アングラー

 

とある高名な建築家の言葉だった。

 

濁流がうねる本流をあきらめ、小さな支流を登りつめたその先には、圧倒的なパノラマが広がっていた。自分たちの写真の腕では伝えきれないあまりに雄大で神々しいその光景。ロッドを振りはするが、釣れるとか釣れないとか、もはやどうでもよくなってしまうような感動。

 

アングラー トラウト

 

地元の藤田くんは、我々が行くときはいつも心と時間を割いて釣行スケジュールを一生懸命考えてくれている。

 

ところが、この日の前日、ただでさえ今シーズン絶不調の五ヶ瀬川上流域にゲリラ豪雨といっていい雨が降った。折しも9月。シーズンラストを飾れるようなランカーを本流で、という望みはここで完全に絶たれた。

 

渓流 山女魚 水色

 

とにかく釣りになるところを、と選んでもらった小さな沢。

 

初秋の陽光とほのかに甘い季節の香りが漂う。

 

山女魚 渓流 ネット

 

ここぞというポイントではちらほらと良型が顔を出してくれた。

 

山女魚 スプーン ネット

 

最近は、色々と試しながら釣りをすることを心がけている。

 

今回は小渓流であえて比較的大きめのスプーンで攻めてみる。この川ではサトウオリジナルのアンサー7gをチョイス。この魚は8寸前後だったが、果敢なアタックをしてくれた。これ以外にも小型のヤマメもたくさん釣ったが、ここではこのスプーン1本。気が付くと、ミノーは全く使わない釣りが多くなってきた。

 

山女魚 キャスト ベール

 

ガイド役をいつも快く引き受けてくれるこの人もこの日はスプーンしか使っていなかった。ミノーイングで鍛え上げた最小限のモーションで的確にピンスポットキャストを決める。

 

山女魚 ネット スプーン

 

それぞれの核心部を石川くんと自分に譲りながらも、本当にちょっとした小場所から見事にグッドサイズを引き出す。

 

山女魚 ツインクルスプーン

 

藤田くんがこの日ずっと使っていたのはタックルハウスのツインクルスプーン。これも言わずもがなの名品だが、本人との相性もいいのだろう。

 

スプーンはミノー以上に一つを使い込むことが上達への近道だと最近つくづく思う。

全てのルアーの源流であるからこそ、使い手によってミノーにもなるし、クランクベイトにも、ジグにもスピナーにもなる。

 

そして、それぞれの使い方に合ったスプーンが存在する。

 

パラゴン サトウオリジナル

 

とにかく魚をまだまだたくさん釣りたい、という人はまずはそういう釣りをやった方がいいと思う。自分も過去の経験から、さまざまなルアーで釣れたパターンを頭の中で変換しながらスプーニングをやっている。

 

ただ、ある程度やった後で違った満足感を求めるなら、ネイティブフィールドでのスプーニングは一つの選択肢だと思う。

 

要は、結果とプロセスのバランス。結果のみを求めるなら手段を選ばなければいい。

プロセス、つまり自分のこだわりやある種のレギュレーションを貫いて釣ったメモリアルな1匹は間違いなく生涯に渡って自分の心を潤すことができる。

 

渓流 木々 苔 日差し

 

午後になり、気持ちがいい空があふれる。

涼しげな初秋の風と草木の芳香。

 

光の中へ手を伸ばしたくなる。

 

本流 アングラー 日差し

 

またいくつかの絶景と呼びたくなるポイントを廻り、この日最後の小渓流に入った。

 

山女魚 スプーン 水中

 

日差しはますます夏の圧力を失い、優しさとぬくもりを流れに与えている。

 

3人で遡行するにはせまい、のどかな流れだったが、逆にそのことが険しい渓流とは違って、友人たちの距離を縮めさせた。

 

お互いに釣れる魚をながめつつ、幸せな会話を交わすことができた。

 

山女魚 ハスルアー パラゴン

 

自分のハスルアーにバイトした1匹。

 

サイズは大きくないが、何とも言えない色合いに見惚れる。3人共言葉にならない音で感嘆のため息をもらし、穏やかな表情で彼を見続けた。

 

山女魚 パラゴン 

 

ここでペアリングしていたのであろう。同じようなサイズを石川くんが直後に上げた。スプーンはフォレストのMIU。

 

まるで自ら発光するかのような体色。秋を目指して命を燃やしているのだろう。早くリリースしてあげねばならないのは分かっていたが、しばらく撮影に付き合ってもらう。

 

この日は1匹のヤマメも殺さずに全てリリースできた。

 

山女魚 水中

 

今までは湖や本流のランカーしかあまり興味がなかったが、そんな価値感を揺らがせるような、穏やかだが、確かな出会いだった。来年はオールドリールに柔らかい6ftロッド、細いラインで渓流も思い切り楽しもう。

 

渓流 山女魚 アングラー

 

そして結局、この日はスプーンしか使わなかった。自分の中でのいくつかメソッドも確立されてきた。また書こうと思う。フックもなるべく針先を減らして臨みたい。もちろん、キャッチアンドキルを否定はしないし、自分もたまにする。

 

が、むやみに数を減らす釣りは嫌いだ。渓流はとてもとてもせまいフィールドなのだから。

 

パラゴン セルテート 渓流

 

光の中へ吸い込まれるような1日。

 

またこの季節、この場所へ。

 

 

松本 宏人

松本 宏人

投稿者プロフィール

生まれ:1970年
メインターゲット:トラウト
メインフィールド:湖
-メッセージ-
幼少の頃から様々なルアーフィッシングに親しむ。
物をなくすのは、単にだらしないだけではないかとの噂も。
宮崎市在住。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. ”ゴオゥ・・・ゴオゥ・・・” 不規則に、でも何かの意図があるかのように稜線に吹き上がってくる素…
  2. 「おい。今度サトーセージ氏が宮崎来るんだけど、一緒に呑み行くか?」 そう声を掛けられたのは2月…
  3. ヤマメ 原種 調査
    https://www.youtube.com/watch?v=yxnsl4E8ea4 ”Je…
  4. ジョー ヘンダーソン
    https://www.youtube.com/watch?v=xwRbcb4ADjY もうずいぶ…
  5. トラウトタックル
    強い思い出というものは、心の中で熟成されるまでは言葉に表さない方がよい。 何回も何回も…
  6. 椎葉ダム ヤマメ テッペンスプーン
    「おめでとう!よくやったね!!」 満面の笑みでそう声をかけられ、僕は松本さんと固く握手を交わした。…
  7. ニジマス ベイトタックル ルアー
    詳しくはないが 釣りもキャンプもオールドの世界観が好きで、現代の機種と性能こそ劣るけれど、構…
  8. 御池 ニジマス スプーン トラウト
    最近、NHKを見ていたら興味深い番組があった。 自分は全く知らなかったのだが、…
  9. KAID ヒップバック
    毎年、正月を過ぎるとしばらくの間、仕事が多忙になってあまり釣りに行けなく…
  10. 御池 ニジマス スプーン
    あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 ちょっと長いで…
ページ上部へ戻る