虫除けスプレーと汗でベタつく額を拭ったのはついこの間のこと。

 

湖畔の木々が色づき、越冬や子孫を残す準備にカメムシや雪虫(白い綿毛と羽根を持つアブラムシの一種)が飛び交うのを見て、移り行く季節を感じる。

 

湖畔の紅葉

 

鱒たちも水温の変化などでそれらを敏感に感じ取り、木枯らしに煽られ湖面に落下する昆虫を狙って岸寄りする。釣り上げたニジマスの口がカメムシ臭かった… なんてのはよく聞く話だ。

 

さな虫を飽食しているのならフライマンの独壇場かと思われがちだが、そうとも限らない。とにかく射程圏内に鱒が居ることが重要であり、やる気のある鱒はルアーにもしっかり反応してくれる。

 

小春日和の支笏湖、小気味好いヘッドシェイクでロッドを曲げたのはランドロックサクラマスだ。

 

サクラマス顔アップ

 

魚食性の強いサクラマスは秋の止水では絶好のターゲットとなる。

 

支笏湖や近郊リザーバーでサクラマスが釣れだすと気になるのが、12月に解禁を迎える洞爺湖だ。

 

洞爺湖全景

 

ベイトとなるワカサギが豊富なこの湖に棲む鱒はコンディション抜群でそれだけにパワーもある。スプーンに好反応なことも魅力だ。

 

ニジマスとサクラマスがメインターゲットとなるが、少ないながらアメマスやブラウントラウトも棲息し、その豊満なボディで存在感をアピールする。

 

アメマス

 

ブラウントラウト

 

サクラマスは降海型にも劣らないアベレージサイズを誇り、60upを目標とするアングラーも少なくないだろう。私もその一人だが残念ながら未だ達成出来ていない。

 

私の中でサクラマスは、群れで回遊しながら視界に入る動くモノ全てに反応し、我先にと襲いかかる『荒くれ者集団』といったイメージである。無反応で時間だけが過ぎたかと思えば突然近くのアングラーも巻き込んで連続ヒットなんて事もあるからだ。

 

そんな荒くれ者にはビビッドカラーのキャンディをプレゼントしよう。

 

C&F スプーンボックス

 

派手なカラーでとりあえずはスプーンを見付けてもらおうというわけだ。

 

C&FルアーBOXの中で出番を待つカラフルなルアーたちは、見ているだけでhappyな気分にさせてくれる。

 

曲がるロッド

 

ロッドから伝わる躍動感に胸踊る瞬間。

 

サクラマスとロッド

 

解禁まで一ヶ月、さあ祭りの準備を始めよう。

 

 

小板谷正樹

小板谷正樹Trout lure fishing club sfida 北海道代表、ssylabel Pro staff

投稿者プロフィール

生まれ:1970年代
メインターゲット:トラウト全般
メインフィールド:支笏湖・洞爺湖
Webサイトclub sfida
ブログ本日の支笏湖
-メッセージ-
北海道の美しい魚、そしてそれを育んだ大自然を御見せできたらと思います。北海道 札幌在住 Trout lure fishing club sfida 北海道代表、ssylabel Pro staff

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. ニジマス HOBOスプーン
    11月初旬、宮崎の中央部を流れる一ツ瀬川の上流、西米良村に来ていた。ここは九州で…
  2. ヤマメ スプーン HOBO
    渓流シーズンが終わってしまった。 毎週末の早起きと深夜早朝のドライブも来年3月ま…
  3. スプーン ヤマメ
    「ウマいですね。」 行きがけに寄ったコンビニで明日の食糧と水分、今夜の肴を買っ…
  4. ヤマメ 胸鰭
    まだ10代の半ばだった頃読んだ筒井康隆氏の小説に書いてあった一節がずっと頭に残ってい…
  5. ヤマメ 原種 スプーン
    大学生になり、初めて親元を離れて関東で暮らすことになった。 元々、早く一人暮らしを…
  6. 「面白そうだけど、スプーンってよくわからないから教えてよ」 ルアーやるんですね、と話し始めてこ…
  7. 中禅寺湖 レイクトラウト スプーン
    朝早くから家庭行事に追われ、最後は地元の小さなお祭りに出掛ける。 ささやかで、ちい…
  8. 表裏の帯1(魚野川~湖山荘) 夢も出ない暗闇。ん、手首?誰かが握った・・・。 …
  9. 岩魚 山女魚 原種 DNA
    記録に残るような大物トラウト。 一生忘れることはない美しいトラウト。 私たち…
  10. 渓流 山女魚 スプーン バイト
    身体を悪くして随分時が過ぎた父親に話しかけた。 「ほら、小さい頃よく連れていっ…
ページ上部へ戻る