月の栞

渓流が禁漁となり周りでも嘆いている人がいる
トラウト禁漁期間はフライキャスティング練習と近所の志高湖で焚火と海フライと決めていた

海フライは今年の秋は少し早目に動くことにした

昨年は吹雪の中も昼夜問わず狙ったがシーズン通してノーバイト惨敗
ルアーの友達は気持ち良いくらい尺鯵メバルを仕留めていく

昨年同様にいつもここの美しい波止に着くと
眩しいくらいの月の道が出迎えてくれた

まだ夜が明ける前の波止で
凪の海に静かにフライをキャストする

遠くから夜が開けるぞと海鳥の声が聴こえてきた
もうすぐだ 焦りはしない

昨年から始めたフライフィッシングそして海フライ
フライショップゲンゴロウの親父さんから「必ず釣れる釣りだから諦めないで
食いがハマったら楽しいよ」と言われて教えてもらった 来い来いリトリーブ釣方

夜明け前の静かな波止でフライを水面に落とし 20カウントそしてリトリーブ開始
後ろにいたイカ釣りのおじさんが俺のキャストを見ながら「兄ちゃんあんたなんしよんのね?面白いことしよんの!」
二人で笑いながら夜明けを待つ

港の裏山の松の木から鳶が空に回りだした
少しずつ外灯以外漆黒の波止が薄らいでゆく
停泊した舟が軋む音し聴こえてこない
頭の中でフライを沈めるカウントに集中をした

来い来いリトリーブ開始15カウント すぐにコココッ!
手元にくる振動が伝わった!足元の波止を走り回るラインに苦戦しながらも糸を手繰り寄せキャッチ

恥ずかしながらこの一連の光景は興奮であまり覚えていない
俺の足元に念願の鯵が跳ねていた

たかが鯵釣りかもしれないが
地元でフライで釣れる場所を地図を睨みながら試行錯誤して 導いた2年越しの嬉しい1尾
たかがゼンゴ1尾に小躍りした

帰りに波止から海を眺めて至福の一服

此方フライフィッシングを通して地元の自然を堪能しております

また想いを綴ろうとおもう

モゲノ智則

モゲノ智則

投稿者プロフィール

生まれ:1978年
メインターゲット:トラウト シーバス 雷魚
メインフィールド:渓流 大小河川
-メッセージ-
何をするにもSteve McQueenならこうするであろうと妄想しながらアウトドアを愉しむスタイルです。別府市在住。

この著者の最新の記事

関連記事

Special Thanks Link

Facebook

ピックアップ記事

  1. 今週末野反湖行かない? どこにでもある誘い話。 ブルーバックレインボーという珍し…
  2. 最近、長年意識し続けてきたアングラーと一緒に釣りに行った。 もう随分昔、このサイトが始…
  3. とある酒の席、サシで釣りの先輩と飲み語らいの中言われた。 「ホントに釣りが好きなの?そ…
  4. 今にも地上に落ちてきそうな灰色の雲の下、ひたすらに続く林道をガタゴトガタゴトと進む。 それがど…
  5. ”ゴオゥ・・・ゴオゥ・・・” 不規則に、でも何かの意図があるかのように稜線に吹き上がってくる素…
  6. 「おい。今度サトーセージ氏が宮崎来るんだけど、一緒に呑み行くか?」 そう声を掛けられたのは2月…
  7. ヤマメ 原種 調査
    https://www.youtube.com/watch?v=yxnsl4E8ea4 ”Je…
  8. ジョー ヘンダーソン
    https://www.youtube.com/watch?v=xwRbcb4ADjY もうずいぶ…
  9. トラウトタックル
    強い思い出というものは、心の中で熟成されるまでは言葉に表さない方がよい。 何回も何回も…
  10. 椎葉ダム ヤマメ テッペンスプーン
    「おめでとう!よくやったね!!」 満面の笑みでそう声をかけられ、僕は松本さんと固く握手を交わした。…
ページ上部へ戻る