カテゴリー:釣行

  • 山女魚 プリスプーン 渓流

    幕が上がった

    「しまったなぁ」 時刻は8時過ぎ、2017年僕の解禁初日。九州山地のとある村のとある川辺で僕は頭を抱えていた。 実績のある本流ポイントで解禁初日に尺山女魚を釣ってやろうと目論んでいたものの、昨年秋の大…
  • 本流 アマゴ 狩野川

    Intelligence game ”2nd try! ~journey to meet a japanese trout~”

    待ちに待った、というべきか。もう来てしまった、そういうべきだろうか。 慌ただしさの中で3月になり、解禁を迎えた心地よい便りはSNSをはじめ、仲間からも増える一方で、まだまだ寒い日は続いているのだが、…
  • 椎葉ダム 山女魚 アンサースプーン

    New Season & New Answer(ランドロックサクラマスVol.1)

    もし、スプーニングを本気でやろうとするのなら、まずは1種類を徹底的に使った方がいい。カラーはたくさんあった方がいいが、重さも変えない方がいい。「名品」と言われるスプーンはそれ自体に十分力はある。結果が…
  • 虹鱒 グリーンバック

    Blue In Green

    極度の昂揚と虚脱。 湧き上がる歓喜と疲労。 満ちてゆくものと干いてゆくもの。 真逆な感情がまるで真夜中の点滅信号のように、チカチカとせわしなくかけめぐる。 「選ばれてあることの恍惚と不安と二…
  • MasterAngler プロト

    MasterAngler

    「マスターアングラー。ビギナーからビジョンを定めてアングラーになり、マスターアングラーとなる頃にはその釣師としての終焉を迎える。忠さんそのものがマスターアングラーだよね。きっと。」 とある友人が語っ…
  • ニベ スプーン クルセイダー

    漁港にスプーン

    テンションフォール。揺らめきながら時にはすとん、と落ちる予測のできない感覚だけがフロロ+PEからロッド、手元に振動となり追いかけては伝えてくる。 潮の中からは秘めやかに”こつん”と便りが届く。 待…
  • 日日是好日(にちにちこれこうにち)

    AM7:00 師走のある日。気温、マイナス2度。 激しかったターンオーバーもここ最近の冷え込みで収まっているだろう。数日前に訪れた友人が言うように、水色もとてもクリアーだ。 去年はこの時期までに4匹…
  • サトウオリジナル アンサー スプーン ブラックバス

    愛煙讃歌

    唐突だけど、自分は愛煙家だ。学生時代から吸い始めて、ン十年。煙草を吸わなかった日は全くなかったと言っていい。 どうせ毎日のことなら、色々こだわってみたい。 そう思ったのはつい最近のことだった。 去年…
  • アングロ ワレット パラゴン

    High in the Alps

    10月のとある土曜日、レインボーを求めていつもの湖に行くことにした。 まだ水温が高いことは分かっていたのだが、去年のこの頃、1日に40オーバーを立て続けに4匹釣ったこともあったし、何より、ざわざわ、…
  • 山女魚 渓流 スプーン

    シガーカッター

    「松本さん、これどうぞ!」 「ん?なにコレ?」 「葉巻ですよ。すごいの釣って、コレ吸ってビシっとキメてくださいよ。」 「あぁ、うん。。。ありがとう。」 ちょっと面食らって答えた。 よく覚えてないが、…

ピックアップ記事

  1. 今週末野反湖行かない? どこにでもある誘い話。 ブルーバックレインボーという珍し…
  2. 最近、長年意識し続けてきたアングラーと一緒に釣りに行った。 もう随分昔、このサイトが始…
  3. とある酒の席、サシで釣りの先輩と飲み語らいの中言われた。 「ホントに釣りが好きなの?そ…
  4. 今にも地上に落ちてきそうな灰色の雲の下、ひたすらに続く林道をガタゴトガタゴトと進む。 それがど…
  5. ”ゴオゥ・・・ゴオゥ・・・” 不規則に、でも何かの意図があるかのように稜線に吹き上がってくる素…
  6. 「おい。今度サトーセージ氏が宮崎来るんだけど、一緒に呑み行くか?」 そう声を掛けられたのは2月…
  7. ヤマメ 原種 調査
    https://www.youtube.com/watch?v=yxnsl4E8ea4 ”Je…
  8. ジョー ヘンダーソン
    https://www.youtube.com/watch?v=xwRbcb4ADjY もうずいぶ…
  9. トラウトタックル
    強い思い出というものは、心の中で熟成されるまでは言葉に表さない方がよい。 何回も何回も…
  10. 椎葉ダム ヤマメ テッペンスプーン
    「おめでとう!よくやったね!!」 満面の笑みでそう声をかけられ、僕は松本さんと固く握手を交わした。…
ページ上部へ戻る