過去の記事一覧

  • シーバスリーガル スプーン

    再会~桃源郷への誘い

    もう遥か、20年くらい前だろうか。 私が独身のころ年に1度はGTを求めて、トカラ列島の宝島に通っていた時代。 運悪く、台風に遭遇してしまった、宿泊はビーチでのキャンプ生活だったため、優…
  • 朝霞ガーデン 水色

    2014/7/27 レイクフォレスト杯第2戦 小澤誠レポート(株式会社ヤリエさま)

    Lake Forest : http://www.lakeforest.jp/ 天候は晴れ→雷雨→晴れでした。 予選ラウンドはスプーンのみを使用し、決勝トーナメントはその状況に応じて対…
  • フィールド 木々

    機能と見た目、釣りの時計=アウトドアウォッチを考える

    ◇時間を知る、だけではない 時間という数字を知るためだけなら、時計は魅力的になれなかったと思う。 外見は言うに及ばず、メカニカルな内部構造を、その正確に刻み続ける細部だけを見たとしても男心を掴んで離さない。 時とい…
  • チヌーク スプーン

    ただ巻き(スプーニング)

    スプーンだけでなく、ルアーを使うのならただ巻きは最初に覚えた基本中の基本だろう。初めてスプーンを使う方・基本の見直しになれば嬉しい。 スプーンの場合はその鉄片の丸み(カップ)に水を受けてアクションする。 タダ巻き…
  • レイクトラウト

    ウェーディングゲームのススメ

    ウェーディングスタイルのショアゲームが好きだ。行動範囲は限られるが、何より時間や天候の制約なく、自由に釣りができる。ポイントをよく観察しながら、ゆっくり釣っていると定着性の魚は見つけやすく、回遊性の魚が廻…
  • カヤックでの釣り

    追憶のカヤック

    「探検」 「冒険」 オトコノコならば、このフレーズにDNAが反応するはずだ。という感覚は、もう古いのだろうか。もう随分古くから知ってる友人と、日帰りで冒険釣行をしようということになった。ちょっと年上の…
  • 釣り場でのひととき

    サクラを求めて、秘境への旅

    梅雨入り間もない6月初旬の週末、宮崎希少なトラウトアングラーM氏から、宮崎県最後の秘境、Sダムへのサクラマス調査提案が飛び込む。M氏の新しく購入した、愛車を駆っての釣行とあって、先の予定を丁重にお断りし、…
  • バッセル フリーフォール

    止水(湖・沼・海等)フォーリング

    スプーンのフォーリング スプーンというルアーは、キャスト後、必ず沈みます。時には、キャスト直後に表層をリトリーブするためにリーリングを始めることも あるでしょうが、大抵の場合、特に自然のフィールドではあ…
  • バッセル スプーン

    衝撃

    釣りには集中力が必要だ。日頃からイマジネーションを膨らませ、胸をときめかせながら準備をし、夜明けまだ暗い中を、寝不足を押さえつけながら車を走らせる。 そして、いざフィールドに立ったら楽しみながらも心を研…
  • ブラウントラウト プロビア

    一本との出逢い

    まずは私が四季を問わず足繁く通うフィールドをご紹介しておこう。 メーターにも迫ろうかというモンスターブラウンが狙えることで知られる北海道の『支笏湖』がそれである。 周囲約40km、最大水深363m…

Special Thanks Link

Facebook

ピックアップ記事

  1. 今週末野反湖行かない? どこにでもある誘い話。 ブルーバックレインボーという珍し…
  2. 最近、長年意識し続けてきたアングラーと一緒に釣りに行った。 もう随分昔、このサイトが始…
  3. とある酒の席、サシで釣りの先輩と飲み語らいの中言われた。 「ホントに釣りが好きなの?そ…
  4. 今にも地上に落ちてきそうな灰色の雲の下、ひたすらに続く林道をガタゴトガタゴトと進む。 それがど…
  5. ”ゴオゥ・・・ゴオゥ・・・” 不規則に、でも何かの意図があるかのように稜線に吹き上がってくる素…
  6. 「おい。今度サトーセージ氏が宮崎来るんだけど、一緒に呑み行くか?」 そう声を掛けられたのは2月…
  7. ヤマメ 原種 調査
    https://www.youtube.com/watch?v=yxnsl4E8ea4 ”Je…
  8. ジョー ヘンダーソン
    https://www.youtube.com/watch?v=xwRbcb4ADjY もうずいぶ…
  9. トラウトタックル
    強い思い出というものは、心の中で熟成されるまでは言葉に表さない方がよい。 何回も何回も…
  10. 椎葉ダム ヤマメ テッペンスプーン
    「おめでとう!よくやったね!!」 満面の笑みでそう声をかけられ、僕は松本さんと固く握手を交わした。…
ページ上部へ戻る