投稿者プロフィール

松本 宏人

松本 宏人

生まれ:1970年
メインターゲット:トラウト
メインフィールド:湖
-メッセージ-
幼少の頃から様々なルアーフィッシングに親しむ。
物をなくすのは、単にだらしないだけではないかとの噂も。
宮崎市在住。

松本 宏人一覧

  • ABU トビー

    Toby or not・・・

    今さら言うまでもない名著。開高 健。「フィッシュ・オン」のスウェーデン編84ページの有名な一節。 「自然の分泌物(エサ)に自然(魚)がとびつくのはあたりまえである。た…
  • バンブーロッド

    CREEKとThe kaispoon

    7月下旬。仕事で山形に行った。 滅多に行かない土地。仕事が終わった後で、ホテルの近くにあるらしいプロショップをのぞくため、慣れない道をふらふらと歩いていた。 大体、大きな駅前の景色なん…
  • 海 空 雲 アングラー

    香りの記憶

    嗅覚は時に、視覚や聴覚よりも鮮明に、しかも心地よく記憶を思い起こさせてくれる。 例えば、若い頃の卒業アルバムを見ると、淡い思い出とともに、苦くて痛い青春の灰汁のようなものまで蘇ってきて少し気分が悪くなる…
  • カヤックでの釣り

    追憶のカヤック

    「探検」 「冒険」 オトコノコならば、このフレーズにDNAが反応するはずだ。という感覚は、もう古いのだろうか。もう随分古くから知ってる友人と、日帰りで冒険釣行をしようということになった。ちょっと年上の…
  • バッセル フリーフォール

    止水(湖・沼・海等)フォーリング

    スプーンのフォーリング スプーンというルアーは、キャスト後、必ず沈みます。時には、キャスト直後に表層をリトリーブするためにリーリングを始めることも あるでしょうが、大抵の場合、特に自然のフィールドではあ…
  • バッセル スプーン

    衝撃

    釣りには集中力が必要だ。日頃からイマジネーションを膨らませ、胸をときめかせながら準備をし、夜明けまだ暗い中を、寝不足を押さえつけながら車を走らせる。 そして、いざフィールドに立ったら楽しみながらも心を研…
  • プロビア ヤマメ

    ビター

    随分と嫌われたものだ。今のところ負け続きだ。 あくまで自分の本命は御池のレインボーだから、最初は巷で騒がれてるランドロックサクラマス(厳密に言うと降海してないからサクラマスとは呼ばないのかもしれないが)…
  • ブラックバス スプーン

    セピア色の感傷

    5月下旬。御池。 正月以来の夢を求めて、朝マヅメを過ぎた時合に、車をいつもの駐車場に停めていそいそとタックルを準備していた。 ふと、湖畔の方から1人のバサーが歩いてくる。その手にはレインボーがぶらさがっていた…
  • ヤマメ スプーン

    舞い上がるハイランド

    ひたすらに空が近い。甘く、濃密な空気に全身の細胞がふるえる。 九州の背骨にほど近い奥地なのに、この賑やかで、華やかな雰囲気はなんだろう。まるで海外の観光地を訪れたときのような感覚。何度も、何度も、不思議なデジャヴを…
  • カーディナルと山

    雪華

    普通車で行くにはかなりハードな林道を走り、ぱあっと目の前が開けた刹那、夜明けのダークブルーに浮かび上がった山には雪が降り積もっていた。 思わず車を停めて、写真を撮り、タバコを吸いながらじいっと魅入る。 今はかなり肌…

ピックアップ記事

  1. 今週末野反湖行かない? どこにでもある誘い話。 ブルーバックレインボーという珍し…
  2. 最近、長年意識し続けてきたアングラーと一緒に釣りに行った。 もう随分昔、このサイトが始…
  3. とある酒の席、サシで釣りの先輩と飲み語らいの中言われた。 「ホントに釣りが好きなの?そ…
  4. 今にも地上に落ちてきそうな灰色の雲の下、ひたすらに続く林道をガタゴトガタゴトと進む。 それがど…
  5. ”ゴオゥ・・・ゴオゥ・・・” 不規則に、でも何かの意図があるかのように稜線に吹き上がってくる素…
  6. 「おい。今度サトーセージ氏が宮崎来るんだけど、一緒に呑み行くか?」 そう声を掛けられたのは2月…
  7. ヤマメ 原種 調査
    https://www.youtube.com/watch?v=yxnsl4E8ea4 ”Je…
  8. ジョー ヘンダーソン
    https://www.youtube.com/watch?v=xwRbcb4ADjY もうずいぶ…
  9. トラウトタックル
    強い思い出というものは、心の中で熟成されるまでは言葉に表さない方がよい。 何回も何回も…
  10. 椎葉ダム ヤマメ テッペンスプーン
    「おめでとう!よくやったね!!」 満面の笑みでそう声をかけられ、僕は松本さんと固く握手を交わした。…
ページ上部へ戻る