カテゴリー:釣行

  • deep blue

    久しくコラムを書いていないが 今日はこの気持ちを残そうと決めたから 筆をとった 私が彼のイメージを例えるならば まさにこの色 「紺」 それも限りなく濃い 紺色 indigo 蒼にある紺色ではなく …
  • リハビリと本流釣師(長野県:鹿島槍ガーデン・犀川)

    もう、1か月以上竿を振っていない。これまでならなんだかんだ言いながらも近所の川で2時間とか竿を振って溢れ出すものを堰き止めていたのに、それすらままならない日々は例えたなら時間が増水濁流コーヒー色で流れ去っていく水…
  • 日光のMonster Red band

    初めまして栃木在住の成田と申します。 まだ、花も蕾の若櫻の身では御座いますが皆様、どうぞ宜しくお願いします。 2018年のおじかきぬ管轄解禁後のこと。 三月に渓流解禁を迎えた栃木の日光では、かの有名…
  • つけるクスリ無し

    薄々感じていた別れの連絡を受けて仕事先に報告を入れると、年末という慌ただしさで疲労と共に埋められ、溌剌とした照明だけがしらじらしく透明を装う空港から故郷へ向かう。 彼のことは語れるほど深く知らず、語れぬほど…
  • Give up not mind (原種を探してvol.3)

    続きを書きたいと思います 私と「教授」との出会い そこで起こる 御縁や事象 夜明け前の河原 俗世前の河原で 「ガリッ!!」 痛ぇ 嫁さんが拵えてくれた大きな梅おにぎり 種ま…
  • 盆の時間

    2018盛夏 お盆といえば世間はすっかり休みだが、私は”人が働くときに休む”趣向なのできっちりと働いて、その後休む予定だ。 とはいえ子どもも夏休みを迎え、実家に帰省するため家族は遠くに行ってしまった。 …
  • 天空の湖 野反湖

    今週末野反湖行かない? どこにでもある誘い話。 ブルーバックレインボーという珍しいトラウト。山奥の秘境で夏でも涼しい環境。過去に釣れた美しい魚達。次々と繰り出される誘い文句に成す術もなく引き込まれ 1…
  • 自然淘汰 (原種を求めてvol.2)

    今 志高湖で子どもたちとキャンプをしながら 幕の中でコットに寝っ転がり コラムを書いている 子どもたちが戻るまでの間 情熱 との話を進めていく 辺り一面 ヒグラシの声が響き渡る 「良く…
  • 自由(Liberty)

    最近、長年意識し続けてきたアングラーと一緒に釣りに行った。 もう随分昔、このサイトが始まる数年前から彼のブログにある写真、使われているフォントのセンス、そしてファッション。月並みな言い方だが、素直に格好いい…
  • Different of fishing style

    とある酒の席、サシで釣りの先輩と飲み語らいの中言われた。 「ホントに釣りが好きなの?そうは見えないけど。」 即答で好きですよ、とその説明をしたのだけれど、うまくは伝わらないようだ。これは一体どういうこ…

ピックアップ記事

  1. 今週末野反湖行かない? どこにでもある誘い話。 ブルーバックレインボーという珍し…
  2. 最近、長年意識し続けてきたアングラーと一緒に釣りに行った。 もう随分昔、このサイトが始…
  3. とある酒の席、サシで釣りの先輩と飲み語らいの中言われた。 「ホントに釣りが好きなの?そ…
  4. 今にも地上に落ちてきそうな灰色の雲の下、ひたすらに続く林道をガタゴトガタゴトと進む。 それがど…
  5. ”ゴオゥ・・・ゴオゥ・・・” 不規則に、でも何かの意図があるかのように稜線に吹き上がってくる素…
  6. 「おい。今度サトーセージ氏が宮崎来るんだけど、一緒に呑み行くか?」 そう声を掛けられたのは2月…
  7. ヤマメ 原種 調査
    https://www.youtube.com/watch?v=yxnsl4E8ea4 ”Je…
  8. ジョー ヘンダーソン
    https://www.youtube.com/watch?v=xwRbcb4ADjY もうずいぶ…
  9. トラウトタックル
    強い思い出というものは、心の中で熟成されるまでは言葉に表さない方がよい。 何回も何回も…
  10. 椎葉ダム ヤマメ テッペンスプーン
    「おめでとう!よくやったね!!」 満面の笑みでそう声をかけられ、僕は松本さんと固く握手を交わした。…
ページ上部へ戻る