ネイティブ レイク スプーニング①(リトリーブ編)

 

前回のコラム(New season & New answer)でステディ(安定した、固定した)なリトリーブが重要だということについて述べましたが、このことを含めて今回から(不定期になるとは思いますが)数回に分けて、私が考え、実践している湖のスプーニングメソッドについて書いてゆきます。

もしかしたら、これから書くことを既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんし、異論がある方もきっといらっしゃるでしょう。しかし、最近は湖のトラウトフィッシング自体、それ程メディアに取り上げられることもなく、どちらかといえばマニアックな釣りになっているような気がします。

湖のトラウトフィッシングは本来、本流、渓流、源流のそれに負けず劣らず魅力的なものです。私がここにメソッドを書くことで、結果的に湖のトラウトゲームを楽しむ人が増え、その醍醐味の一端でも感じてくれたら、と思います。

スプーン バイト

確かに、スプーニングは他のルアーと比べてその操作が繊細です。
繊細、というのは、言い換えると、「水中でどんな動きをしているのか、どんな動きがよく釣れる(釣れた)のか。」分からず、集中力が保てない、ということでしょう。

つまり、自分が何をやっているかよく分からない、仮に釣れたとしても再現性に乏しいということです。

特に、ステディリトリーブは、メディア等でも、「ゆっくりと」「早めに」というかなり主観的なレベルでしか語られていないものが多く、読者や視聴者には果たしてどれくらいのスピードなのか分からない、ということがほとんどではないでしょうか。

リトリーブスピードが分からない、ということはイコール、どんな動きが釣れるのか分からない、ということに直結します。

ロッドアクションで動きを演出する、という方法もありますが、オーソドックスな形のスプーンは止水においてはリトリーブ時の性能を主眼において設計されています。個人的にはリトリーブが料理そのもののようなものだとすれば、ロッドアクションはスパイスやソースのようなものだと考えます。

料理そのものがマズければ、スパイスやソースがいくら美味しくても・・・なのです。

スプーン アンサー サトウオリジナル

今回はスプーニングの基本であるステディリトリーブについてその種類と違いを詳しく述べます。

前提として、ターゲットは40㎝以上のトラウト。

使用ロッドは7~8フィート、メインラインはPEの0.6~0.8号程度、そしてスプーンはいわゆる楕円形のスタンダードな形で、アクションの変化を掴みやすいウォブリングタイプ。重さは10~15gで比較的厚いブランク(湖、遠投用)のものを使った場合を想定します。

スプーニングのリトリーブスピードは5段階

スプーン リトリーブ

ステディリトリーブを理解し、スプーニングをよりクリエイティブなものにするためにはリトリーブスピードにつれて変化する以下の2つのポイントに注目する必要があります。

1 ロッドティップの振動

2 手元に伝わる抵抗

この2つをよく観察すれば、その日その時釣れた気象条件、レンジ等と重ね合わせて、釣果を1つのデータとして蓄積することができます。

また、これらに伴って変化するスプーンの動きを見ると、おおむね5つの段階に分けられることに気づきました。

ちょうどマニュアル車のトランスミッションに似ているので、これになぞらえて説明します。(1速から5速にいくにつれ、リーリングのスピードは速くなります。)

リトリーブ時はロッドティップとラインに少し角度を付け、スプーンの振動をティップで感じられるようにします。

 

1速(デッドスロー)スプーン 1速

(1)ロッドティップの振動
「重みで曲がるだけ(振動しない)」
(2)手元に伝わる抵抗
「軽い(スプーンの重みだけ)」
(3)スプーンの動き
「塗装面を下にしてデロデロ、テロテロと動く。」

スプーンが動くか動かないかのギリギリのスピードで巻きます。
ロッドティップはスプーンの重みを受け止めるだけで、振動はほとんど見られないと思います。

また、手元に伝わる抵抗も、スプーンの重みだけで、強いものではありません。ちなみに私は基本的に中層より深いレンジでリトリーブすることが多いせいか、あまりこのスピードではリトリーブしません。

ただ、北海道の湖で浅いレンジにいるサクラマスを狙うアングラーには岸沿いのブレイクに沿って遠投し、カウントダウンせず、アクションも付けずひたすらデッドスローでリトリーブする、という釣り方を実践している方もいらっしゃるようです。

いつか北海道に行って試してみたい釣り方です。

 

2速(スロー)

スプーン 2速

(1)ロッドティップの振動
「リズミカルに振動する」
(2)手元に伝わる抵抗
「重い(スプーンの重みに泳ぎの抵抗が加わる)」
(3)スプーンの動き
「水を噛むように左右に振れながらブルブル、プルプルと動く。」

1速(デッドスロー)から少しずつリーリングスピードを速くし、ある1点を超えると急に抵抗が増します。左右にゆっくりとですが、力強くテイルを振ります(=ウォブリングします)。

1速では軽く曲がっているだけだったロッドティップはブルブル、プルプルとリズミカルに振動し、手元の抵抗もグッと強くなります。

ゆっくりとリトリーブでき、アピール度も強いです。個人的には45㎝までのレインボーを何匹かこの引き方で釣ったことがあります。

 

3速(ミディアムスロー)

スプーン 3速

(1)ロッドティップの振動
「リズミカルに振動する(2速と変わらない)」
(2)手元に伝わる抵抗
「2速より抵抗が軽くなる」
(3)スプーンの動き
「水を切るようにスルスルと泳ぎ、時折バランスを崩す」

ステディリトリーブを行う時に基準になるスピードだと思います。
この前の2速とこの後の4速が比較的激しいウォブリングを見せる平泳ぎのように動的な動きなのに対して、この3速はまるでクロールのような静的な動きになります。

何となく不思議な気もするのですが、ロッドティップの動きは2速と変わらず小刻みにリズムを刻みつつ、手元に伝わる抵抗は「フッ」と軽くなります。

しかも、「左~右~左~右~」と規則的な動きを繰り返す中で、あるタイミングでまるでケンケンをするかのように「左~~~」「右~~~」とウォブリングせずに移動します。

基本ナチュラルなスイミングアクションの中に強烈なアクセントが加わるスピードです。
後述しますが、50㎝を超えるランカーサイズはこの3速を中心とした巻き方でほとんどキャッチしてきました。

 

4速(ミディアムファースト)

スプーン 4速

(1)ロッドティップの振動
「激しくリズミカルに振動」
(2)手元に伝わる抵抗
「かなり強くなる」
(3)スプーンの動き
「暴れるようにブルンブルンと泳ぐ」

3速では静的な泳ぎだったのが、一転、激しい泳ぎを見せるようになります。
ロッドティップは激しくリズミカルに振動し、抵抗が強くなります。

個人的にはあまり得意な動きではないのですが、手前のブレイクや障害物を避けるためにこのスピードで巻いているときにドン!と来ることもよくあります。

 

5速(ファースト)

スプーン 5速

(1)ロッドティップの振動
「大きくしなるほど強い振動」
(2)手元に伝わる抵抗
「とても重くなる」
(3)スプーンの動き
「グリングリンと回転する」

基本的には、回収専用のスピードだと思います。

ハスルアータイプのような形状のスプーンを除き、回転運動はスプーン本来の釣れる動きではありません。

 

ランカーが好むスピードは?

スプーン 虹鱒

私はズバリ、「2.5速(2速と3速の中間)」から「3.5速(3速と4速の中間)」の間だと思っています。

過去にコラムで何度も「殺気を消す」だとか、「ボーっとしているときに釣れる」とか書いてきましたが、記憶をたぐるとこんな精神状態のときは間違いなくこの「2.5速」から「3.5速」の間のどこかでリトリーブしていました。

さらに言うと、沖合のディープではより2.5速に近く、手前の障害物やブレイク近辺では3.5速に近いスピードが釣れます。

これはおそらく、沖合のディープエリアでは光量が少なく、ルアーのシルエットがはっきりしないため、よりスローに、手前のエリアでは高活性なトラウトが捕食モードに入っているため、少し激しいフラッシングや振動に興奮するのではないか、と考えています。また、沖合からチェイスしてきた個体に対しても結果的にスピードの変化で食わせることが出来てきたのだとも考えます。

そしてやはり、3速がキモで、2速と4速の動的なアクションの間に挟まれた静的でナチュラルなスイミングをどう織り交ぜるか、ということがアングラーの腕の見せ所ではないでしょうか。

 

終わりに

スプーン リトリーブ 説明

※握力の変化にも注目してください。

私は、もし、スプーニングを本気でやろうとするのなら、まずは1種類を徹底的に使った方がいいと考えます。もちろんカラーはたくさんあった方がいいのですが、重さは変えない方がいいです。それは、その人その人のリトリーブの「基準点」を作るためです。

つまり、
「あのスプーンではこのスピードのこういう動きで良く釣れたが、こっちのスプーンではこのスピードではこういう動きなのか、だったらこっちのスピードで・・・。」
というような応用が1つのスプーンを熟知し、トラウトをある程度釣った後に初めて可能になるからです。

当たり前なのですが、結果が蓄積されない内は経験値には成り得ません。成功体験はとても大事なことで、これを何度も何度も反芻(はんすう)し、分析することでしか釣りのスキルは上がりません。釣れなかった100の理由より、釣れた1つの理由の方が圧倒的に重要な情報なのです。

また今回は小型、肉厚のウォブリング系スプーンに特化したお話しをしましたが、スプーンはその他多種多様なタイプがあり、そのアクションの変化は実に様々です。例えば、私がいつも使っているサトウオリジナルのアンサーでさえ、ブランクの厚さが違うもの(10gタイプ)では2速のスピードでまるで4速の時のような動きを見せ、3速で巻くと、落ち着いたウォブリングアクションへと変化します。

ただ、今回、私が一番申し上げたかったのは、リトリーブとは何か、ということを理解することとともに、その経験をアングラー同士で共有できるようにすることなのです。

つまり、今までは「ゆっくり巻いて~」とか「ちょっと早めでガツンと!」といったような抽象的な表現でしか語られていなかったステディリトリーブを、「3速ど真ん中のスピードで巻いてたら来たよ。」とか「俺の○○スプーンは2速でナチュラルなスイミングするんだけど、そこから少しだけ早いリトリーブをしてるときにね~」などとより具体的なアクションとして伝え合うことができるということなのです。

ステディリトリーブは決して「ただ巻き」ではありません。より繊細に、より細分化してこの「巻き」を行うことで、今までぼんやりとしていたスプーニングがきっと何倍も楽しくなるに違いないのです。

この次は、レンジの捉え方と、ロッドアクションについて書きたいと思います。

 

松本 宏人

松本 宏人

投稿者プロフィール

生まれ:1970年
メインターゲット:トラウト
メインフィールド:湖
-メッセージ-
幼少の頃から様々なルアーフィッシングに親しむ。
物をなくすのは、単にだらしないだけではないかとの噂も。
宮崎市在住。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今週末野反湖行かない? どこにでもある誘い話。 ブルーバックレインボーという珍し…
  2. 最近、長年意識し続けてきたアングラーと一緒に釣りに行った。 もう随分昔、このサイトが始…
  3. とある酒の席、サシで釣りの先輩と飲み語らいの中言われた。 「ホントに釣りが好きなの?そ…
  4. 今にも地上に落ちてきそうな灰色の雲の下、ひたすらに続く林道をガタゴトガタゴトと進む。 それがど…
  5. ”ゴオゥ・・・ゴオゥ・・・” 不規則に、でも何かの意図があるかのように稜線に吹き上がってくる素…
  6. 「おい。今度サトーセージ氏が宮崎来るんだけど、一緒に呑み行くか?」 そう声を掛けられたのは2月…
  7. ヤマメ 原種 調査
    https://www.youtube.com/watch?v=yxnsl4E8ea4 ”Je…
  8. ジョー ヘンダーソン
    https://www.youtube.com/watch?v=xwRbcb4ADjY もうずいぶ…
  9. トラウトタックル
    強い思い出というものは、心の中で熟成されるまでは言葉に表さない方がよい。 何回も何回も…
  10. 椎葉ダム ヤマメ テッペンスプーン
    「おめでとう!よくやったね!!」 満面の笑みでそう声をかけられ、僕は松本さんと固く握手を交わした。…
ページ上部へ戻る