一本との出逢い

 

まずは私が四季を問わず足繁く通うフィールドをご紹介しておこう。

支笏湖

メーターにも迫ろうかというモンスターブラウンが狙えることで知られる北海道の『支笏湖』がそれである。

周囲約40km、最大水深363mと途方もなく広く深い湖を相手に一本の杭となり、時には幾つもの岬を越え、足が棒になるほど歩いて納得の一本を追い求める。日本最北の不凍湖でもあり極寒の北海道で通年釣りを楽しめる数少ないフィールドの一つだ。

スピニングタックルと

私はこの湖でもスプーンを結ぶことが多い。なかでも操る面白さというものをより感じることのできるスプーンを好んで使用する。その一つがシーレーベルのProviaだ。

まだレイクショアジギングという言葉を耳にすることすらなかった当時、私はジグの遠投でボトムに着くブラウンを狙ってひたすらジャーク&フォールを繰り返し、それなりに釣果もあげていた。経験上5回以内のジャークでヒットしなければ根掛かりのリスク回避の為にも早めに回収していたのだが、それがなんとも非効率的に思えてならなかった。そんな時に出逢えたジグスプーンだ。

Proviaはその独特な形状ゆえフォールに特徴がある。リトリーブを止めるとクルクルと回転して左右にスライドしながらゆっくりとフォールするのである。これなら今まで探りきれなかったボトムからカケアガリを舐めるようにトレース出来るだろうと直感的に思った。

そして、そんな思いはすぐに結果となって現れる。 10gのProviaを咥えたのは70オーバーのブラウン。

ブラウントラウト プロビア

私は釣りに「〜だろう」ではなく「〜かもしれない」という言葉を当てはめる。自動車免許をお持ちの方ならお判りだろうが「かもしれない運転を心がけましょう」のあれと同じである。

「あんな浅い場所にはいないだろう」じゃなく「あんな浅い場所でもいるかもしれない」とか「一度バレたけどもう一度出るかもしれない」とかね。

支笏湖2

肌寒さを感じるようになった秋口のある日、ロッドティップが届きそうな距離にニジマスのクルージングライズを見つけた。

手持ちのトップルアーを投入してみるが見向きもしない。シェイキングで波紋を出してみても、ルートを先読みして鼻っ面に落としてみてもダメだった。ミッジサイズの虫を啄ばんでいるのでルアーでは太刀打ちできないだろう。

本来ならここで諦めるのだが、試しにProvia7gで水面直下をデッドスローに引いてみた。するとまさかの一発ヒット これには本当に驚かされた。

ニジマス プロビア

のちに縁あってシーレーベルのプロスタッフとして製品開発のお手伝いをさせて頂ける事となったのだが、Proviaとの出逢いが私の釣りのスタイルや人生まで変えた言っても過言ではないだろう。

皆さんにも是非ともそんな一本を見つけてもらいたい。

 

小板谷正樹

小板谷正樹Trout lure fishing club sfida 北海道代表、ssylabel Pro staff

投稿者プロフィール

生まれ:1970年代
メインターゲット:トラウト全般
メインフィールド:支笏湖・洞爺湖
Webサイトclub sfida
ブログ本日の支笏湖
-メッセージ-
北海道の美しい魚、そしてそれを育んだ大自然を御見せできたらと思います。北海道 札幌在住 Trout lure fishing club sfida 北海道代表、ssylabel Pro staff

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今週末野反湖行かない? どこにでもある誘い話。 ブルーバックレインボーという珍し…
  2. 最近、長年意識し続けてきたアングラーと一緒に釣りに行った。 もう随分昔、このサイトが始…
  3. とある酒の席、サシで釣りの先輩と飲み語らいの中言われた。 「ホントに釣りが好きなの?そ…
  4. 今にも地上に落ちてきそうな灰色の雲の下、ひたすらに続く林道をガタゴトガタゴトと進む。 それがど…
  5. ”ゴオゥ・・・ゴオゥ・・・” 不規則に、でも何かの意図があるかのように稜線に吹き上がってくる素…
  6. 「おい。今度サトーセージ氏が宮崎来るんだけど、一緒に呑み行くか?」 そう声を掛けられたのは2月…
  7. ヤマメ 原種 調査
    https://www.youtube.com/watch?v=yxnsl4E8ea4 ”Je…
  8. ジョー ヘンダーソン
    https://www.youtube.com/watch?v=xwRbcb4ADjY もうずいぶ…
  9. トラウトタックル
    強い思い出というものは、心の中で熟成されるまでは言葉に表さない方がよい。 何回も何回も…
  10. 椎葉ダム ヤマメ テッペンスプーン
    「おめでとう!よくやったね!!」 満面の笑みでそう声をかけられ、僕は松本さんと固く握手を交わした。…
ページ上部へ戻る