Neptune

解禁を迎えた

各方面から素晴らしい釣果や釣行の話が耳に入る。
私も幸運な事に、解禁にあたり想い出に残る釣行や釣果を感じさせていただく事ができた。

テクニックや釣果はエキスパートな諸先輩方にお任せして、私は私なりのコラムを書いていきたいと思う。

道具や仲間たちへの想いは前回書かせていただいたが、その事を踏まえて、この釣りに対する想いは釣果やテクニックだけではないと改めて感じた。

それは、このTailSwingの先輩方や周りの仲間達から感じる柔らかな温かさからか?と考えたりしている。

子持ちのサラリーマンアングラーであれば、なかなか思うように釣行ができない事が多々ある。
おなじ境遇な方も多いのではないだろうか。

しかしその反面、一回の釣行に対する気合いとでもいうか、愉しむための努力というか。
ズボラな自分が空いた時間を惜しんで、前準備や釣行後のメンテナンスを行うという事実に驚く。

確かにそこにアドバンテージは感じるが、そこで獲った一本は格別である。
その格別な想いは、子持ちのサラリーマンアングラーの特権であると勝手に思っている。

結局、何が言いたいかというと。
人それぞれライフスタイルがあり、その中で釣りをはじめとした自分なりのアウトドアを織込む事でより充実した時間を送ることができるということだ。

無理はすべきではない。
しかし もどかしい時も多々ある・・・。

こんな生活を送りながら釣りをしていると、よく不思議?と思える出来事に出会う。

私は神仏は然程崇敬はしていないが、釣りや水や山の神は存在するのではないか?と感じる事が多々ある。

やはり無理をして狙って臨んだ時ほど笑えるくらい貧果で災難といえる出来事が多い。

愛娘のお見送りをして、清々しい気持ちから臨んだ時。
出遅れてはいるものの、釣果も目に映る込む景色も美しく、その時の釣行が心に突き刺さる事が多い。

何ごともセオリーはあると思うが自然相手だからこそ、その場で投げて、やってみないとわからない。

当たり前な事ではあるが、釣りには色々な愉しみ方があると思う。

私は今までの事を振り返るとどうやら未知なフィールドへの好奇心や身近な自然の可能性。
そこに様々な事象で棲む魚、その魚にスプーンを送り届ける事が好きなようだ。

残念なことに私の周りにはこの釣りをされている方が本当に少ない。
しかしこんな所で?という場面で、私に地元のフィールドに対する可能性を奮い立たせてくれる情報が入り込む。

やはり釣りの神はいるのかな?
そして今年もそんな釣りの神様は、私を多忙にさせるおつもりのようだ。

ふとそんな事を考えながら今、地図を眺めつつ、Ambassadeurに油を注している。

モゲノ智則

モゲノ智則

投稿者プロフィール

生まれ:1978年
メインターゲット:トラウト シーバス 雷魚
メインフィールド:渓流 大小河川
-メッセージ-
何をするにもSteve McQueenならこうするであろうと妄想しながらアウトドアを愉しむスタイルです。別府市在住。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今週末野反湖行かない? どこにでもある誘い話。 ブルーバックレインボーという珍し…
  2. 最近、長年意識し続けてきたアングラーと一緒に釣りに行った。 もう随分昔、このサイトが始…
  3. とある酒の席、サシで釣りの先輩と飲み語らいの中言われた。 「ホントに釣りが好きなの?そ…
  4. 今にも地上に落ちてきそうな灰色の雲の下、ひたすらに続く林道をガタゴトガタゴトと進む。 それがど…
  5. ”ゴオゥ・・・ゴオゥ・・・” 不規則に、でも何かの意図があるかのように稜線に吹き上がってくる素…
  6. 「おい。今度サトーセージ氏が宮崎来るんだけど、一緒に呑み行くか?」 そう声を掛けられたのは2月…
  7. ヤマメ 原種 調査
    https://www.youtube.com/watch?v=yxnsl4E8ea4 ”Je…
  8. ジョー ヘンダーソン
    https://www.youtube.com/watch?v=xwRbcb4ADjY もうずいぶ…
  9. トラウトタックル
    強い思い出というものは、心の中で熟成されるまでは言葉に表さない方がよい。 何回も何回も…
  10. 椎葉ダム ヤマメ テッペンスプーン
    「おめでとう!よくやったね!!」 満面の笑みでそう声をかけられ、僕は松本さんと固く握手を交わした。…
ページ上部へ戻る