Toby or not・・・

 

今さら言うまでもない名著。開高 健。「フィッシュ・オン」のスウェーデン編84ページの有名な一節。

 

ABU トビー

 

「自然の分泌物(エサ)に自然(魚)がとびつくのはあたりまえである。ただのことである。いくら釣師が仕掛けや合せの呼吸に心魂をそそいだところで餌という決定的な一点では石器時代である。知恵もなく、工夫もなく、また、あまりに容易である。そもそも芸術とは反自然行為ではなかったか。釣りを芸術と感じたいのなら自然主義を断固としてしりぞけねばならない。釣りを生業とする漁師なら話しは別だが、遊びで釣りをする”芸術家”なら、もっと次元の高い、むつかしい道に愉しみを発見しなければならない。少なくとも魚と知恵くらべ、だましあいをして、勝敗を競うようでないといけないのではあるまいか。」

 

 

この日は、焦げつきそうなほどよく晴れていたが、たくさん釣れた。前回大潮で苦戦した場所にリベンジできた。

 

スプーン エクスセンスDC ネイゴ

 

初っぱな。藤井くんがこだわりのベイトタックルにアングロのHOBOスプーンという、およそ青物にはふさわしくないタックルでいいサイズのネイゴを釣った。

 

ネイゴ HOBOスプーン

 

ジグやミノー、ライトワインド系のソフトルアーに比べて、スプーンにはどうしても、圧倒的に動きの”キレ”がない。でも、そのハードルをクリアして得た獲物は、安易に「釣れてしまう」ルアーを使ったときと比べて充足感が違う。芸術性が違う。開高さんの時代と違って、今はエサ以上に釣れてしまうルアーだってある。

 

スプーン ネイゴ

 

もう一人、この日は弟も同行していた。サックスでミュージシャンをやっている。

 

小さい頃はよく一緒に釣りに行っていた。最近は多忙で、あまり釣りには行けてないようだったが、この日は半ば強引に誘い出した。

 

宮崎に帰ってくる前は東京で国内有数のジャズサックスプレイヤーに師事していた。あの有名な六本木の森ビルで定期的にライブをやっていた時期もある。何年ぶりかで幼い頃に戻ったかのように、他愛もない会話を楽しんだ。

 

彼にもネイゴは遊んでくれた。しばらくは入れ食いの時間が続いた。

 

 

そして、藤井くんは、ABUのトビーで、ネイゴを釣った。

幼魚とはいえ、トビーで、カンパチを釣ったのだ。

 

 

夏 海 青 蒼

 

抜けるほど強烈な空のブルーは、そのまま海のブルーへ色と熱を移す。

 

脳天気という言葉があるが、ここまで暑いと雑念も複雑な思考も頭の中で煮沸され、蒸散してしまうかのようだ。

こんな、大人にとっては過酷な非日常は、心を幼い頃に戻してくれる。

 

エバ 群れ スプーン

 

エバ(メッキ)もこの日は上機嫌だった。群れでチェイスしてくる様子は、やはり興奮させられる。まさに「攻撃」という言葉がふさわしいアタックにアドレナリンがほとばしるのを感じる。

 

エバ ファイト

 

ここ宮崎では、初心者から狙える手軽なターゲットだが、ルアーに対してはセレクティブな魚でもある。その数が多く、色んなトライができるため、ルアーフィッシングの経験を積ませてくれる貴重な魚。

 

銀色に輝くエバ 

 

このパワフルで、スピードあふれる鏡のような魚には、たくさんのいい思い出がある。

 

エクスセンスDC 釣り人

 

時合を過ぎて、灼熱の中、まったりと時間が流れ出す。この頃になると、皆、汗といっしょにこだわりも流れてしまって、色々なルアーに手を出すようになっていた。ミノー、ジグ、ソフトベイト、トップルアー。。。

 

夏は脳天気に、童心にかえって、も、いい。

 

移動のときには、かき氷をしゃくしゃくかじり、炭酸ジュースを吸い込むように飲んだ。

 

セイゴ ファイト ジャンプ

 

そして、最後の最後、自分のロッドにこの日一番のバイト。ゆっくりいなしながら、モデルになってもらい、写真を撮った。

 

セイゴと空

 

上がってきたのは40アップのセイゴ。ライトタックルで遊んでもらうには十分なファイトだった。

 

空と林

 

「フィッシュ・オン」の80ページ。ハムレットの有名なセリフをもじったABUの人の言葉。

 

”Toby or not Toby: that is the question”(トビーか、トビーでないか、それが問題だ。)

 

これだけ多くのルアーがあふれる現代だからこそ、スプーンか、スプーンでないか、それをこだわりにするのも面白い。

 

全てのルアーフィッシングの源流で、「釣りは芸術」を表現するために。

 

 

松本 宏人

松本 宏人

投稿者プロフィール

生まれ:1970年
メインターゲット:トラウト
メインフィールド:湖
-メッセージ-
幼少の頃から様々なルアーフィッシングに親しむ。
物をなくすのは、単にだらしないだけではないかとの噂も。
宮崎市在住。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今週末野反湖行かない? どこにでもある誘い話。 ブルーバックレインボーという珍し…
  2. 最近、長年意識し続けてきたアングラーと一緒に釣りに行った。 もう随分昔、このサイトが始…
  3. とある酒の席、サシで釣りの先輩と飲み語らいの中言われた。 「ホントに釣りが好きなの?そ…
  4. 今にも地上に落ちてきそうな灰色の雲の下、ひたすらに続く林道をガタゴトガタゴトと進む。 それがど…
  5. ”ゴオゥ・・・ゴオゥ・・・” 不規則に、でも何かの意図があるかのように稜線に吹き上がってくる素…
  6. 「おい。今度サトーセージ氏が宮崎来るんだけど、一緒に呑み行くか?」 そう声を掛けられたのは2月…
  7. ヤマメ 原種 調査
    https://www.youtube.com/watch?v=yxnsl4E8ea4 ”Je…
  8. ジョー ヘンダーソン
    https://www.youtube.com/watch?v=xwRbcb4ADjY もうずいぶ…
  9. トラウトタックル
    強い思い出というものは、心の中で熟成されるまでは言葉に表さない方がよい。 何回も何回も…
  10. 椎葉ダム ヤマメ テッペンスプーン
    「おめでとう!よくやったね!!」 満面の笑みでそう声をかけられ、僕は松本さんと固く握手を交わした。…
ページ上部へ戻る